> > URLにはデスクトップPC用とスマートフォン用がある

Yahoo Seo Google URLにはデスクトップPC用とスマートフォン用がある

Yahoo seo Googleブログの、旧フィーチャーフォン用URLを再調査していた。
その過程で理解出来たことは、現在、Googleの中ではデスクトップPC用とスマートフォン用とが分けて認識されている事である。
詳細を説明して行こう。

2017年1月14日から<データ ハイライター>を利用したURLのインデックス再調査を行った。
“noindex”を記述したURLも「構造」の観点からインデックスされるのではないか?」で報告した通り、昨年末にも実施した。
そしてタグ付け可能なURLを再度削除申請した。
それが「期限切れ」を迎えたので再び調査した訳である。

結論から述べると、前回タグ付けが可能だったURLは今回も可能であった。
だが大きな収穫もあった。
実は前回調査の前に旧フィーチャーフォン用のテンプレートを改造してあった。
パンくずリストやトップに戻るURL、そしてナブゲーションのリンクは全てフィーチャーフォン用URLであったが、それを全て正規URLに改めたのである。
つまりは旧フィーチャーフォン用のURLは1つ残らず内部リンクから消える形にしてあった。
その上で<URLの削除>を使用したのである。

先に書いた通り、削除は失敗し「URL が見つかりません」と言う状況にはならなかった。
だがタグ付けで表示されるコンテンツは3つに大別された。
1つ目が正規URLのコンテンツを表示させるケース。
2つ目が改造された旧フィーチャーフォン用のコンテンツを表示させるケース。
3つ目が改造前の旧フィーチャーフォン用のコンテンツを表示させるケースである。

この状況を受けて<URLの削除>では問題解決にならない為、Fetch as Googleの使用を決めた。
重複したコンテンツの存在が問題であるなら、重複したコンテンツを発生させるリンクこそ問題の根幹であると考えたからである。
改造したコンテンツでインデックスされれば、リンクは全て正規URLに改めたコンテンツがキャッシュされる。
つまりは、これでインデックスされ直せば旧フィーチャーフォン用URLへのリンクは1つも無くなるからである。

Fetch as GoogleでGooglebotタイプを「モバイル: スマートフォン」にして、ケース3の改造前の旧フィーチャーフォン用のコンテンツを表示させるURLを取得した。
すると、表示されたのが正規コンテンツであった。
どうやら旧フィーチャーフォン用URLにスマートフォン用Googlebotがアクセスした時には正規URLを表示させる様にFC2が設定してある様だ。
その為、「モバイル: スマートフォン」からGooglebotタイプを「PC」に変えてURLを取得すると、そこにはケース2の改造された旧フィーチャーフォン用のコンテンツを表示された。
つまりデスクトップPC用のGooglebotには旧フィーチャーフォン用コンテンツをその儘表示させる仕様である。
これを受けて、先に書いた3つのケースは、インデックスされているURLのタイプによって大別されていることが理解出来た。

1つ目の「正規URLのコンテンツを表示させるケース」はそのフィーチャーフォン用URLがスマートフォン用のコンテンツとしてインデックスされていたのだろう。
だからこそスマートフォン用Googlebotがアクセスし、正規コンテンツをキャッシュして行った。
そして2つ目の「改造された旧フィーチャーフォン用のコンテンツを表示させるケース」はデスクトップPC用のコンテンツとしてインデックスされていたのだろう。
でなければ改造された旧フィーチャーフォン用のコンテンツはキャッシュされないからだ。

問題は3つ目である。
だが旧フィーチャーフォン用のURLを根絶する為にも処理する他はないと考え、「PC」と「モバイル: スマートフォン」をそれぞれ選択してURLを送信した。
結果は改造された旧フィーチャーフォン用のコンテンツが表示される様になった。
仮にそのURLがスマートフォン用のコンテンツとしてインデックスされていたなら、正規コンテンツを表示させていた筈である。
だがデスクトップPC用のコンテンツとしてインデックスされていたからこそ、旧フィーチャーフォン用のコンテンツがキャッシュされたのであろう。
つまりFetch as Googleで選択するGooglebotのタイプも、seo的には極めて重要であることが再確認出来る。

ウェブマスターが混乱する多いな要因の1つがURLのタイプなのだろう。
つまり自分ではそのURLをフィーチャーフォン用だと認識しても、Googleがそれと認識しないことから来る混乱である。
アノテーションの記述等、実際は意味がなく、フィーチャーフォン用URLであろうとデスクトップPC用のGooglebotがアクセスし「200.o.k」をレスポンスした段階でそのURLはPC用コンテンツのURLとなる。

そして「PC」と「スマートフォン」のURLは“ウェブ”と言う括りの中で、デスクトップPCとスマートフォン用コンテンツはセット化されているからこそ、“noindex”のアノテーションは無視される。
つまりは誤った“構造”を理解させてしまった事が問題なのだろう。

Fetch as Googleで選択するGooglebotタイプはPC、それともスマートフォン?」の記事でも書いた通り、URLを送信する際に選択するべきGooglebotタイプを間違うとインデックスから消えるケースがある。
それは誤った“構造”が齎したものなのかも知れない。
<URL パラメータ>も設定を誤るとインデックスから削除されるケースがあるが、Fetch as Googleも同様に取扱い注意のツールであることは間違え無いだろう。

レスポンシブwebデザイン化すると言うことは、URLがデスクトップPC用とスマートフォン用を兼ねると言うことである。
重複がないURLは即座に<構造化データ>に加わり<内部リンク>にも表示される。
デバイスに因って適切にリダイレクトさせる事が出来ないFC2ブログはレスポンシブwebデザイン化する以外に方法が無いのである。
「URLにはデスクトップPC用とスマートフォン用がある」に関連する記事

コメント

非公開コメント