> > 新規リンクによる更新シグナルとドメインの問題

新規リンクによる更新シグナルとドメインの問題

“net”ドメインのサイトコマンドに、今迄一度も表示されなかったYahoo seo GoogleブログのURLが表示された。
この事例から、新規リンクこそ更新のシグナルになり、ドメイン間のリダイレクトも把握されるのではないか?と想像している。
“noindex”を記述したURLも「構造」の観点からインデックスされるのではないか?」で書いたアノテーションの働きについて、それを裏付けるSearch Consoleのデータ推移があった。
それは<インデックス ステータス>のデータである。

<インデックス ステータス>の「インデックスに登録されたページの総数」は毎週木曜日に数値が変わる。
月曜日に12月25日のデータに更新されたが、その時点での「インデックスに登録されたページの総数」は先週の木曜日、つまりは12月22日に更新された1,003であった。
その数値が本日29日に更新され991へと減った。
この増減はここ最近繰り返されており、それは私が<URLの削除>を使用した結果である。
つまり<URLの削除>で削除をリクエストした時に、GoogleはそのリクエストされたURLを「インデックスに登録されたページの総数」としてカウントする。
その原因は<head>に記述された“noindex”もしくは“canonical”の処理は第2段階や第3段階だからである。
瞬時に処理されないからこそ「インデックスに登録されたページの総数」は増加し、処理が完了した時に減るのである。

だが「インデックスに登録されたページの総数」のカウントから該当URLが消えたとしても、コンテンツが有る限りインデックスは継続される。
そして更に重要な問題は、そのコンテンツがどのドメインに所属しているか?と言う事であろう。

前回記事をエントリー後、記事URL、カテゴリURL、記事の書かれた2016年12月のアーカイブページ、そしてトップページをFetch as Googleで送信した。
ここ最近、Fetch as Googleを利用する際は必ず、「Googlebotの種類」は「モバイル: スマートフォン」を選択して取得・インデックス送信している。
そして記事を書いた翌日朝の定点観測で、記事の属する「インデックスのseo」のカテゴリURLが“net”ドメインのサイトコマンドに表示されていることを確認した。

一体何故、“net”ドメインのサイトコマンドに表示されたのか?
今まで一度も表示された事はなかったURLだったのに?

この事例で想像出来る点は、「インデックスのseo」のカテゴリURLは“net”ドメインに所属していたのだろう。
だからこそ“net”ドメインのサイトコマンドに表示された。
では今迄に何度もFetch as Googleで送信したにも関わらず、今回初めて表示された原因は何か?
それこそ新しいリンク先が加わったからではなかろうか?

カテゴリページをご覧頂ければ、前回記事は2009年6月29日にエントリーした「最速の対策はありません!」以来の記事であることがご理解頂けるだろう。
つまりこの「インデックスのseo」のカテゴリページは、テンプレートの共有部分を除けば今回久し振りに更新された事を意味する。
そしてその更新があったからこそ“net”ドメインのサイトコマンドに表示されたのではないか?

“ウェブ”と言う括りの中で、デスクトップPCとスマートフォン用コンテンツはセット化されている」でも“net”ドメインのサイトコマンドに触れた。
この時はFetch as Googleで「モバイル: スマートフォン」を初めて選択して送信した際に、この現象が生じた。
つまりこの時に生じた事は、以前なら“sp”のパラメータが付いたURLにリダイレクトされていたものがリダイレクトされないことで表示された訳である。
常日頃、リダイレクトは旧URLから新URLへのリンクだと言う考えを抱いている私にはこの事例もリンクに関するものに思えて仕方が無い。
だからこそリンクこそ、この“net”ドメインのサイトコマンドに表示された原因であり、かつ、更新のシグナルと考えられるのではないか?

“net”ドメインのサイトコマンドに関する事であるが、「インデックスのseo」が表示されたのは昨日だけであり、本日12月29日朝には消えていた。
“net”から“com”への301リダイレクトが即座に処理されたと考えるのが妥当だろう。
その素早さからもペンギンアップデート4.0を含むコア アルゴリズムがリアルタイム更新である点を窺い知る事が出来る。
“net”のサイトコマンドから消えると同時に“com”のサイトコマンドからも消えた。
リダイレクトが完了するのにはまだ時間が掛るのであろう。

こうして考えてくると、コンテンツを削除したのにも関わらず未だインデックスに存在している場合、そのコンテンツへのリンク元の更新がGoogleに把握されていない事が原因かも知れない。
フィーチャーフォン用は廃止されたとは言え、未だデスクトップPC用、スマートフォン用の2種類のGooglebotが存在するからである。
「“ウェブ”と言う括りの中で、デスクトップPCとスマートフォン用コンテンツはセット化されている」で紹介した事例からも、デスクトップPC用の更新は把握されていてもスマートフォン用が把握されていないケースも有るだろうからである。

2016年、seoにおける最大の出来事こそペンギンアップデート4.0を含むコア アルゴリズムのローンチであった。
だがそれ以外にもDeNaのキュレーションサイト問題、そして電通の過労死問題を考えると、リンクに因る拡散が局面を動かした年だと言えるではないだろうか?

もしこのキュレーションサイトの問題に対する批判が大きくならなければ、今もDeNaのキュレーションサイトは継続されていたのではないか?
また電通の過労死問題も厚生労働省の強制捜査が入らなければ、今回の様な社長辞任に至る顛末にはならなかったのではないか?
「新入社員の過重労働を阻止できなかったことは慚愧に堪えない。重く厳粛に受け止めている。」と語った社長も、であるなら何故、昨年、尊い命が失われた直後に自社の改革に乗り出さなかったのか?と考えてしまう。

全ては外からの圧力に因って改善を促されたと言うのがDeNaと電通の実情に思えて仕方が無い。

正しくリンクジュースが流れない組織は何れ荒廃して行くことだろう。
2017年も正しいリンクジュースに対する訴求こそが希望となることだろう。
「新規リンクによる更新シグナルとドメインの問題」に関連する記事

コメント

非公開コメント

No title

本年も有意義な情報をありがとうございました。
私の手持ちの中にも複雑なサイトがありまして、いつも参考にさせていただいています。
また来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください(^。^)