> > seoとドメインにおける優位性

seoとドメインにおける優位性

先日、どうしようも無い程呆れるGoogleのキーワード検索結果(Search Engine Results Pages=SERPs)に遭遇した。
“どうしようも無い程呆れる”とは、同一ドメイン下のページがズラリとSERPsを独占し、多様性の“た”の字も感じられない。
以前、「yahoo seo google」と検索すると、当ブログのページがSERPsを独占していた時があった。
seoとドメインにおける優位性についてエントリーする。
その“どうしようも無い程呆れる”SERPsは現れたかと思いきや、即座に姿を消した。
以前にも当ブログの件でこれは経験した。
何れまた何食わぬ顔で出現することだろう。
あのSERPsが常駐している限り、検索エンジンとしての使命はないものと思うからだ。

だが、今回遭遇した“どうしようも無い程呆れる”SERPsの主役であるドメインで、こうした現象を誘発した原因は1つだけハッキリしている。
それは「更新」である。
リニューアルとは呼べない程ではあるが、既にあるコンテンツの一部を修正する必要があり、それが他のウェブページにも及ぶからだ。
例を挙げれば、ある商品が発売終了し「既にあるコンテンツから発売終了した商品へのリンクを外す」といった修正である。
つまりは先日の記事「seo成就とNot ModifiedのHTTPステータスコード」に倣えば、「200.ok」のステータスコードをほぼ全ページが返す状況になっていたということである。

この「更新」で更に面白いのは、同一ドメイン下のページがズラリとSERPsを独占しつつも、異なるドメインのページが違和感を伴って表示されていたことだ。
仮に同一ドメインのページを“ソニー”だとしよう。
そして違和感を伴って表示されたページは“ソニーズ”である。

この“ソニーズ”は、以前、「ソニー」と検索した時に比較的上位に表示されていた。
だが音響機器メーカーとしての「ソニー」に対し、この「ソニーズ」は似ても似つかない業種のサイトである。
にも関わらず上位表示されていたのは、Googleの日本語検索の弱点からだろう。
「ソニー」と検索して、この“ソニーズ”サイトのタイトル タグに記述された“ソニーズ”が「ソニーズ」とハイライト表示されていたからだ。
更にドメインである。
ソニーがsonyであるのに対し、この“ソニーズ”はsoniesといった感じのドメイン。
ドメインがキーワードを含んでいると強い!と、今更ながら思う訳である。

「更新」でseoスコアが上がるのは理解出来る。
「更新」は情報が新しくなったことを伝えられるからだ。
仮に以前あったリンクが無くなっただけでも、それは先の例の如く、発売停止を教えているからだ。

疑問は何故それによって“呆れる程”SERPsを独占するのか?
更に“ソニーズ”も上位表示させるのか?
書き忘れたが、「ソニー」検索で“ソニーズ”が上位表示されていたのは以前の事であり、今はページを進ませれば表示されるが、決して上位表示されてはいなかった。
それが何故、この“呆れる”SERPsでは上位表示されたのか?

もしかして期せずしてこの“ソニーズ”も同日に「更新」されたのか?
ページ情報を調べると、昨年11月から「更新」されていなかった。

ここで推測すればドメインへの優遇である。
つまりsonyドメインのページが「更新」され、そこには私が呼ぶリコンストラクション(再構築)が始まった。
巷ではこのリコンストラクションをGoogleの再評価とも呼ぶらしいが、統一した名称でこう呼ぶことにしている。

で、sonyのドメインに対するGoogleのリコンストラクションは、似たドメインのsoniesもリコンストラクションの対象とするのではないか?
そしてそれは「ソニー」という検索キーワードに対する両ドメインの優位性に繋がるように感じられる。

以前、こんな風景を目の当たりにしたことがある。
Yahoo!がGoogle検索エンジンを採用し、Yahoo!カテゴリ登録サイトの全てのページにカテゴリ登録のアイコンが表示された時だ。
詳しくは「カテゴリ表示の謎」を参照して欲しい。
この記事では触れていないが、当時コンサルティングしていたウェブサイトのインデックスが一気に進んだ。
通常カテゴリ登録されているページにしかアイコンは表示されなかったが、サブページ全てにアイコンが表示された。
カテゴリ登録のアイコンは言わばYahoo!からのリンクであったのだろう。
当時インデックスされていなかったページもそれによりインデックスされたからである。

こんな記憶が呼び覚まされたのも、ドメイン内の全てのページに優位性が与えられていると感じるからである。
その通り、「ソニー」と検索すればsonyドメイン トップ ページは今も、そして以前も1位で表示される。
「ソニー ○○」と検索すればsonyドメイン下の「○○」に相応しいページが1位表示され、「ソニー ××」ではsonyドメイン下の「××」に相応しいページが1位表示される。

だが全てで1位ではない。
「ソニー ●○」で他のドメインがsonyドメインを差し置いて表示される例を知っている。
理由は簡単で「●○」に最適なページがsonyドメイン下に無いからであり、他のドメインには有るからである。
ではそのポイントとは?
これこそGoogle seoアルゴリズムの最も重要な点である。

推測だが「yahoo seo google」検索で当ブログのエントリーがSERPsを独占していた時は当ブログに対するリコンストラクションがあったのだろう。
だとすれば今後もこの“どうしようも無い程呆れる”SERPsに我々は遭遇するのだろうか?
「seoとドメインにおける優位性」に関連する記事

コメント

非公開コメント