> 2014年07月のエントリー記事一覧

Yahoo seo Google 2014年07月のエントリー記事一覧

Yahoo seo Google 2014年07月のエントリー記事一覧です。記事名とカテゴリを表示しています。

  • ピジョンアップデートと内部リンクの未更新
    海外seo情報ブログさんがGoogleの新しいseoアルゴリズムであるピジョンアップデートについて記事にしていた。
    ローカル検索における新規のアルゴリズムである様だ。
    Yahoo seo Googleブログのウェブマスターツールに生じた<内部リンク>データの未更新はこれが原因なのであろう。

    /カテゴリ:Google seo 2012年12月~
  • ウェブマスターツールのテキスト関連データ
    Googleウェブマスターツールの<内部リンク>が更新され無くなって久しい。
    seo、つまり最適化の進行指標としていただけに、このデータ未更新は少々私を苛立たせる。
    だが<構造化データ>は日々更新され、その他のデータについてはデータ間での連動は継続されている。
    Yahoo seo Googleブログの各種データから、今分かることだけ紹介しよう。

    /カテゴリ:Googleウェブマスターツールとseo
  • アップデートか新規のアルゴリズムか?
    前回の記事「データとランキングは連動している」でも触れたが、今現在もYahoo seo Googleブログの<内部リンク>データの更新は確認出来ない。
    その反面、<構造化データ>だけは日々更新されている。
    マット・カッツ氏が長期の休暇に入り報告されていないが、これは既存のアルゴリズムがアップデートされたか、もしくは新規のアルゴリズムが導入されたのではなかろうか?

    /カテゴリ:Googleウェブマスターツールとseo
  • データとランキングは連動している
    Googleウェブマスターツールのデータはランキングと連動している。
    何故、今その順位なのかをウェブマスターに教える為に連動しているのだ。
    Yahoo seo Googleブログの事例からそれを説明しよう。

    /カテゴリ:Googleウェブマスターツールとseo
  • パンダアップデートの修正順番
    Googleのseoが難しいのは、問題の原因が特定出来てもGooglebotがどの様に働いているのか?が掴めない点であろう。
    例えば、初めから最適化されたウェブサイトを作成しGooglebotがクロールするのが正常なクローラーの走り方とするなら、修正とは言わば逆走を促すことだ。
    過去に戻り、その時点から再度のクロールを要請しなければ、過去の履歴が改まらないからである。

    /カテゴリ:2014年Googleパンダアップデートとseo
  • wwwとnon-wwwの両方を登録しよう!
    Googleパンダアップデートからの脱却を目的とした修正に伴い、Yahoo seo Googleブログのランキングは上向きになりつつある。
    だがFC2の仕様に伴う最適化を必要とする為、修正に時間が掛っている。
    単純にFetch as Googleで送信出来る上限が限られているからである。

    /カテゴリ:Googleウェブマスターツールとseo
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google