> 2012年11月のエントリー記事一覧

2012年11月のエントリー記事一覧

Yahoo seo Google 2012年11月のエントリー記事一覧です。記事名とカテゴリを表示しています。

  • seoにおけるドメイン、サブドメイン、サブフォルダの影響
    GoogleでFC2ブログのインデックスが一向に進まなかったのは事実である。
    当Yahoo seo Googleブログでも新規記事のインデックスは遅々として進まなかった。
    この事案で改めて気付かされるのはドメインとサブドメインの問題である。
    Google seoアルゴリズムには、かつてのYahoo!と同様の平等性が見受けられる。

    /カテゴリ:seoとサイトの階層
  • seoされているサイトの手動ペナルティ
    コンサルティングしているウェブマスターから久し振りにメールを貰った。
    リンク否認ツールを使用し、漸くペナルティが解除されたそうである。
    Googleから届いたメール内容も教えて頂いたが、それは手動ペナルティであった。
    Google seoアルゴリズムでは自動的にペナルティを科せなかったから手動でペナルティであったのだろうか?

    /カテゴリ:Googleパンダアップデートとseo
  • seoアルゴリズムに重要な発リンクの視点
    2回に渡って正しいリンクとリダイレクト方法について語ったが、皆さん、お気付きだろうか?
    ウェブサイトの概要を正しく理解させるには、繋がれると言うことが最も大事なことであり、リンク(繋ぎ)とはウェブページからの発リンクによって繋がれることである。
    Google seoアルゴリズムにおける発リンクの重要性を再認識して貰えたのではなかろうか?

    /カテゴリ:Google seo 2012年5月~
  • seoにおける正しいリダイレクト方法
    サッカーにおけるロングボールとは、身近なパスを繋いでボールを運ぶことを省略し後方から一気に前線にボールを送ることである。
    seoにおけるロングボールとはリダイレクトだと言えるだろう。
    Google seoアルゴリズムにおいて、このリダイレクトは100%成功させなければならない。

    /カテゴリ:Googleパンダアップデートとseo
  • seoにおける正しいリンク方法
    Google seoアルゴリズムはリンクを主体とするアルゴリズムであることは疑い様が無い事実である。
    その為にもリンクは正確に、かつ、確実にLink(繋げる)することが重要である。
    seoにおける正しいリンク方法についてエントリーする。

    /カテゴリ:Googleパンダアップデートとseo
  • seoと上位表示対策の違い
    最近、他のseoブログを読んでいて混同することがある。
    私が定義するseoとは検索エンジン最適化を指し、キーワード検索で上位表示する施策をseoとは呼んでいない。
    その為、seoと上位表示対策とを明確に区別する目的で最近の記事では使い分けて使用している。

    /カテゴリ:seoコラム2012年4月~
  • seoは全てGoogleによって公表されている
    seoにおける問題が発生し、その解決過程で理解出来ることはGoogleのseoは全てGoogleによって公表されているという事だ。
    公表されている情報は曖昧で、解決過程で初めてその意味することが理解出来るからだ。
    だからこそ「公表されている」という事実から出発すれば、問題は須らく解決出来ると確信している。

    /カテゴリ:seoコラム2012年4月~
  • seoの問題を遠ざけるrobots.txtによるブロック
    Google検索エンジンへの最適化(seo)を目的に施した修正が結果として反映されるのには時間が掛る。
    多分それはGoogleウェブマスターツールを通じて不自然なリンクがあることを通知されたウェブマスターが、修正して再審査をリクエストしても、1つでも疑わしきリンクが残っていれば応じて貰えないことと同様である。

    /カテゴリ:Googleパンダアップデートとseo
  • seoで上位表示しているサイトはいじるな
    上位表示していたサイトがある日突然ランキングを落とす。
    その原因は上位表示していた要因を理解することなくウェブサイトを弄ってしまうことだ。
    seoで上位表示しているサイトはいじるな!
    リニューアル時に良く見受けられる事例である。

    /カテゴリ:Google seo 2012年5月~
  • seoにおける2つのクローラーの特異性
    Google seoアルゴリズムはロボット クローラーが収集するデータに因っても大きく作用されるのであろう。
    以前記事にした「seoの為にcanonicalは先頭に書いた方が良い!」に関連するのだが、“canonical”の無視がまたしても起こった。
    GooglebotとGooglebot_mobileの2種類のクローラーには異なる特性があり、それが原因なのであろうか?

    /カテゴリ:Googleパンダアップデートとseo
  • seoにおけるURL削除の重要性
    Googleパンダアップデートが更新されたそうである。
    この更新を境にデスクトップ版とフィーチャーフォン版の重複コンテンツ問題を抱えたサイトの順位はアップした。
    更新以前の修正が反映されたことが原因だと思われる。

    /カテゴリ:Googleパンダアップデートとseo
  • 相対的seoスコア
    Google seoアルゴリズムにおいて大事な点とは、結局の処、「基本」と結論付けられる。
    あるジャンルのウェブサイトを作成したなら、そのジャンルに類する情報を豊富にコンテンツ化し、適切なアンカーテキストでサイト内外にリンクすることである。
    検索ユーザーが訪れた際に、そのサイトだけで事が足りる程充実していれば理想的である。

    /カテゴリ:Google seo 2012年5月~
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google