> 2010年11月のエントリー記事一覧

Yahoo seo Google 2010年11月のエントリー記事一覧

Yahoo seo Google 2010年11月のエントリー記事一覧です。記事名とカテゴリを表示しています。

  • ヤフーカテゴリ サブページ表示とseo効果
    Yahoo!カテゴリのアイコン、リンクのサブページ表示変更で、キーワード検索において大幅に順位を上げたウェブサイトの事例を紹介しよう。
    Yahoo!カテゴリ登録とseo効果について再確認出来ることだろう。
    /カテゴリ:Yahooの変動2010年1月~
  • ヤフーのカスタマイズ
    ヤフーのカスタマイズに関し、ちょっとした発見があったので全ての人に紹介しておこう。
    これはYahoo!、Google共通のカスタマイズであり、チューニングともseoフィルターとも異なる。
    だがYahoo!がどうGoogleのキーワード検索結果(Search Engine Results Pages=SERPs)に手を加えて行くかの手掛かりとなるかも知れない。
    /カテゴリ:Yahooの変動2010年1月~
  • サイトのオリジナリティ
    私の商用サイトにもYahoo!=Google化で多少の変化が見られる。
    だが1日の検索エンジン経由のアクセス数はほぼ変わら無い。
    Yahoo! seoに準拠しつつも、Googleと共通する施策で作成している理由の他に、ちょっとした工夫をしているからに他ならない。
    /カテゴリ:seoコラム2010年1月~
  • 更新の度合いと最適化の度合い
    Yahoo!、Google双方のseoアルゴリズムにおいて、サイトがどれ程検索エンジンに対し最適化されているのかの度合いは簡単に数値化出来る。
    だが最適化の数値は時に上下動する。
    何故ならYahoo!とGoogleのランキングには更新と最適化(seo)の度合いが関与するからだ。
    /カテゴリ:Google seo
  • カテゴリ表示の謎
    Yahoo!の検索結果に異変がある。
    かつてはトップページにだけ表示されていたYahoo!カテゴリの表示が、サブページの際にも表示されているのだ。
    Yahoo! seoアルゴリズムに何か起こるのか?
    /カテゴリ:Yahooのカテゴリ登録
  • 現在、そして未来に対する準備
    Yahoo!のGoogle化が一段と増した気配をキーワード検索の結果に感じる。
    完全移行は間近であろう。
    これを受けて再度Yahoo! Google seoアルゴリズムの本質的な部分について語ろう。
    Yahoo! Google seoの現在、そして未来に対して準備する為に。
    /カテゴリ:seoコラム2010年1月~
  • Yahoo!独自データ???
    先日記事にしたブログ検索について、Yahoo!の「ブログ検索ヘルプ-ブログ検索とは」のページに「※ブログ検索は、東京工業大学 精密工学研究所 奥村研究室からの技術協力を受けてサービスを行っています。」の一文があることを発見した。
    これの意味する処は、技術協力を受けてサービスしているYahoo!独自のデータと言うことなのか?
    /カテゴリ:Yahooの変動2010年1月~
  • Yahoo! blog検索が???
    Yahoo! JAPANの検索結果が大幅にGoogle化して、Twitterやseoブログでも話題になっている。
    どれ程Google化しているのかと思い、ちょっと調査してみたのだが、Yahoo!のブログ検索を利用すると、まるで見当が付かない検索結果が表示された。
    Yahoo! blog検索はGoogleの提供するデータを利用しないのか?
    /カテゴリ:Yahooの変動2010年1月~
  • スパム対策強化のリスク
    昨日、Yahoo!で大変動があったことを晴練雨読さんのサイトで知った。
    だがYahoo!の大変動よりも私の興味を惹きつけた情報は、海外seo情報ブログさんの記事「Googleマット・カッツ、スパム対策を強化する(日本でも)」である。;
    これを読めば、今後はより強固に、日本におけるスパム撲滅に動き出す様である。
    seo、つまり検索エンジン最適化という言葉がより正しい意味合いで使用される様になるのだろうか?
    /カテゴリ:seoスパム
  • 最後?の変動
    Yahoo!で大変動が確認された。
    前回の大変動にはさして興味を惹かれなかった。
    Yahoo! seoアルゴリズムに変更はなく、取り合えずインデックスを更新しましたよ!といった内容にしか思えなかったからだ。
    だが今回の大変動ばかりは少々調査が必要だと感じた。
    最後?の変動を追ってみた。
    /カテゴリ:Yahooの変動2010年1月~
  • カテゴリ登録はYahoo!よりGoogleに効果大!
    Yahoo!カテゴリ登録の効果とYahoo!、Googleのseoアルゴリズムとの関連性を提示しておくべきだと思い、証拠となるキーワード検索結果(Search Engine Results Pages=SERPs)と共に提示しよう。
    この検証で明確になった事実とは、カテゴリ登録はYahoo!よりGoogleに効果大!と言うことである。
    /カテゴリ:Yahooのカテゴリ登録
  • 死んだリンクと生きているリンク
    Yahoo!並びにGoogleにおいても被リンクはランキングのシグナルとして重要である。
    だがそのリンクが死んでいる場合、仮に良質なリンクであったとしても、それは“良質であったリンク”へと変貌を遂げる。
    死んだリンクと生きているリンクを、Yahoo!、Googleのseoアルゴリズムと共に語ってみよう。
    /カテゴリ:相互リンクとseo
  • Inktomiの痕跡
    Yahoo! seoアルゴリズムの根幹であるInktomiの活動痕跡が顕著に見受けられる。
    インデックスが更新した!TDP(トップページダウンペナルティ)が解消した!
    それらは全てInktomiが関与したものだ。
    現在のYahoo!検索結果を見ると、とてもGoogleの検索結果と似ている。
    /カテゴリ:Inktomi・mooter・Bing
  • 発リンクのseo効果
    前回記事で伝えた方法で得られるGoogleのキーワード検索結果は、言わばアルゴリズムの宝の山である。
    つまりYahoo!、Google双方ともseo(検索エンジン最適化)の度合いに応じ、そこに外部の要因が積み重ねられることで、どれ程のseo効果があるのかが一目瞭然だからである。
    両検索エンジンのアルゴリズムの相違は発リンクのseo効果である。
    /カテゴリ:Google seo
  • カテゴリ登録と内部要因
    Yahoo!カテゴリ登録がYahoo!に限らずGoogle seoについても効果は大きいことを書いた。
    だが「カテゴリ登録の効果はある」の記事で見逃してはならないのは、サイトの内部要因が最適化されていることが効果を上げる下地にあるという点である。
    Yahoo!カテゴリ登録だけでYahoo!並びにGoogleのseoに成功することはあり得ないのである。
    /カテゴリ:Yahooのカテゴリ登録
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google