> Google Search Consoleとseo

Yahoo seo Google Google Search Consoleとseo カテゴリの記事一覧

Yahoo seo Google Google Search Consoleとseo カテゴリの記事一覧です。記事名とエントリーされたアーカイブ年月日を表示しています。

  • <データ ハイライター><URLの削除>は、ウェブ上でフィルターをかけるツールである
    Search Consoleで提供されている<データ ハイライター><URLの削除>は、ウェブ上においてページにフィルターをかけるツールである。
    だがそれがマイナスに作用するのは、そのフィルターが蓋の様な作用をするからではないか?
    4月並びに最近起こったYahoo seo Googleブログのインデックス数の減少と復活を比較する処から検証を開始した。

    /アーカイブ:2017年07月
  • Search Consoleのツールは使用しないと決めた訳
    Search ConsoleでGoogleより提供されるツール、具体的には<URLの削除>であるが、その使用を自らに禁じることにした。
    そう決めた訳はYahoo seo Googleブログの<インデックス ステータス>に表示される「削除済み」件数が削除をキャンセルした件数と同数であることを発見したからである。

    /アーカイブ:2017年07月
  • <構造化データ>に表示されない原因は<データ ハイライター>によるマークアップだった!
    Yahoo seo Googleブログの<構造化データ>にURLが表示されないのは<データ ハイライター>によるマークアップが原因だった。
    <データ ハイライター>の全てのデータを削除し、マークアップし直したソースをFetch as Googleによってキャッシュさせたら、<構造化データ>に表示される様になったからである。

    /アーカイブ:2017年06月
  • <構造化データ>はウェブ上で検出される
    とある仮定を検証する目的でYahoo seo Googleブログの<データ ハイライター>タグ付けを改めていた。
    タグ付けは改め終わったが、未だ仮定を検証する段階には至っていない。
    その原因は<データ ハイライター>がオフラインでのデータであるのに対し、<構造化データ>はウェブ上で検出されるデータであるからだ。

    /アーカイブ:2017年06月
  • Fetch as Google送信で<URL パラメータ>の数値が激減
    Yahoo seo GoogleのURLをFetch as Googleで送信した結果、<URL パラメータ>の数値が激減した。
    備忘録として記事にしておこう。

    /アーカイブ:2017年04月
  • 同一アカウントと所有権の重要性
    Search Consoleのアカウントは、Fetch as GoogleでURLを送信する際において、重要な役割を果たしているのではないだろうか?
    Yahoo seo GoogleのURLを<データ ハイライター>で調査していて、そう感じた。
    つまりそのアカウントで登録している、所有権を有するサイトが重要であるということだ。

    /アーカイブ:2017年03月
  • Search Consoleのインフラストラクチャ更新はPCとスマートフォンを厳密化したのか?
    Yahoo seo Googleの前回記事で、データの巻戻りをパンダアップデートが原因ではないか?と推測したが、これにはSearch Consoleのインフラストラクチャ更新も関係していると考え始めた。
    Search Consoleのインフラストラクチャ更新で何が変わったか?
    “ウェブ”として一括りにデータ処理されていたものが、「PC」と「スマートフォン」で厳密化された様に感じられるのである。

    /アーカイブ:2017年02月
  • Fetch as Googleで選択するGooglebotタイプはPC、それともスマートフォン?
    Fetch as GoogleでURLを送信する際に選択するべきGooglebotタイプは「PC」にするべきか、それとも「モバイル: スマートフォン」であるべきか?
    この選択を誤るとインデックスされないケースもある。
    また送信することで逆にインデックスから消えるケースもある。
    Yahoo seo Googleブログで生じた実例を紹介しよう。

    /アーカイブ:2017年01月
  • <URLの削除>で「期限切れ」を迎えたURLが未だにインデックスされている原因
    <URLの削除>を使用して削除したYahoo seo GoogleブログのURLが「期限切れ」を迎えたのに未だにインデックスされている原因が理解出来た。
    どうやら“canonical”のアノテーションが影響している様である。

    /アーカイブ:2016年12月
  • <データ ハイライター>のエラーはURLの正規化と関係あり!
    Search Consoleの<データ ハイライター>で、Yahoo seo Googleブログのタグを付け直していた。
    しかし付け直して更新する際に、高頻度でエラーを発生させた。
    どうやら<データ ハイライター>は正規化に密接に関わっており、seo的に最も重要な項目かも知れない。

    /アーカイブ:2016年12月
  • <コンテンツ キーワード>の廃止はseoへの大きなマイナス
    Yahoo seo Googleブログのフィーチャーフォン用URLの削除に時間を費やしていた。
    その最中、<コンテンツ キーワード>が突如廃止されることが発表され、その翌日にはSearch Consoleから消えた。
    どうにも腑に落ちない決定に思えて仕方が無い。

    /アーカイブ:2016年12月
  • <サイトへのリンク><内部リンク>は手動で更新されているのか?
    今迄そう思ったことなど無かったが、最近の変動を見るに、Search Consoleのデータは手動で更新されているのだろうと考える様になった。
    理由はいたって単純で、更新、特に<サイトへのリンク><内部リンク>の更新が不定期で行われる様になったからだ。
    Yahoo seo Googleブログを更新することはインデックスを“塗り替える”ことと同義であり、<サイトへのリンク><内部リンク>を更新させる一助となるのではないか?

    /アーカイブ:2016年08月
  • インデックスに至る過程をグーグルは改革しているのか?
    Googleのインデックスに至る過程がドラスティックに改革されているような気がしている。
    それはYahoo seo Googleブログのサイトマップの「保留」、更にキャッシュリンクの喪失、保留中なが生じている他クロール状態と、ツイッターで報告した全てを整理すると、そういった思いに至るのである。

    /アーカイブ:2016年05月
  • パンダとペンギンアップデートをSearch Consoleのデータで考える
    Search ConsoleとはGoogleのオフライン データである。
    そこでパンダアップデートとペンギンアップデートをSearch ConsoleのYahoo seo Googleブログのデータから考えてみた。

    /アーカイブ:2016年03月
  • Fetch as Google送信後の<データ ハイライター>の処理
    これはYahoo seo Googleブログ特有の問題なのかも知れないが、Fetch as Googleで送信すると以前<データ ハイライター>を使って付けたタグが意味をなさなくなっている様なのである。
    説明するのが難しい案件ではあるが、詳細を報告しよう。

    /アーカイブ:2016年03月
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google