> seoとタグ

Yahoo seo Google seoとタグ カテゴリの記事一覧

Yahoo seo Google seoとタグ カテゴリの記事一覧です。記事名とエントリーされたアーカイブ年月日を表示しています。

  • <head>内のタグの記述順でGoogleはオフライン処理するのか?
    アクセス解析を見ていたら「カノニカルが無視される」という検索キーワードを見付けた。
    Yahoo seo Googleブログでも何度かそれをテーマに記事にしてきたが、<head>内でのタグの記述によっても「無視されている」とウェブマスターが感じる状況は発生する様に思われる。
    Googleはタグの記述順に処理をする様に思われるからだ。

    /アーカイブ:2015年12月
  • タイトルタグとH1タグのテキスト記述は同一にすべきか?
    Yahoo seo Googleメルマガで今書いている主要な題材はタグについてである。
    タグを検証しているのは、それが齎す意味がタグによって異なるからである。
    タイトル タグとH1タグの記述は同一にすべきかの記事を興味深く読ませた頂いた。

    /アーカイブ:2015年02月
  • タグはミクロな単位で利用されている
    seo検証において新たな境地に辿り着いた気がする。
    Yahoo seo Googleというブログ名が示す通り、当初の目的はYahoo! JAPANで上位表示することが目的だった。
    それが成功するや否やYahoo! JAPANがGoogle検索エンジンを採用することが発表され、私に残ったのはYSTのアルゴリズムの残像であった。
    結局はその残像によって、思考は狭められていたと感じる。

    /アーカイブ:2015年01月
  • metaタグの最適化
    Yahoo!のseoアルゴリズムを熟知し、望むキーワード検索で上位表示を達成している商用サイトにおいて、今の私はコンバージョンのアップに余念が無い。
    “metaタグの最適化”なるタイトルで、上位表示のseoノウハウかと思いアクセスされた方には申し訳ない。
    上位表示のノウハウはブロマガ記事で提示していることなので、公開はしない。

    /アーカイブ:2009年10月
  • 天才と自称しても評価はされない!
    前回記事「seoの価値基準」を自分で読み返してみて、理解し辛いと感じた箇所が有ったので、その点について補足する。
    そう感じた箇所は、記事の中で触れた改行タグについての件である。

    /アーカイブ:2009年04月
  • タグの記述とseoの視点
    当初は限定公開で記事にしようかと思っていたが、余りに凝り固まった思考でseoやランキングのアルゴリズムを考えていらっしゃる方が多いので敢えて公開することにします。
    これはタグの記述とseoの視点に関する事だ。
    是非ともこれをヒントにして、Yahoo!やGoogleのseoをご自分なりに考えてみて欲しい。

    /アーカイブ:2009年04月
  • タイトル タグのseoスコアは高くはない?
    Yahoo!のコマンド検索を使用して自サイト内を検索していた時、奇妙な現象を観測した。
    「intitle:キーワード」「inbody:キーワード」のコマンド検索した時と、「キーワード」のみで検索した時と順位が異なるページがある。
    タイトル タグのseoスコアは高くはない?という疑惑が浮上した。

    /アーカイブ:2008年12月
  • Yahoo!のseo対策 meta対策と順位アップ
    Yahoo!のseo対策としてmeta対策を施しておいた商用サイトが順位アップという形で実を結び始めた。
    施策は全ページに施し、現在は半分程度のページがキャッシュ更新された時点で順位変動が起こった。
    前日の23位から17位へと順位は上がった。
    狙った施策が当たった訳なので「してやったり!」というのが正直な感想だ。

    /アーカイブ:2008年09月
  • Yahoo!のアルゴリズム intitle、inbodyにmetaは加わっていない
    Yahoo!のアルゴリズム調査にintitle、inbodyを用いた2つのコマンド検索による検証を継続していたが、2つのコマンド検索で得られるデータにmetaタグの要素が加わっていないことが分かった。
    検証方法はmetaのキーワード タグにのみ記述されたテキストを持つ、別の調査対象サイトを発見し、2つのコマンド検索を試みて確かめた。

    /アーカイブ:2008年09月
  • Yahoo!アルゴリズム検証 やはりmetaなのか?
    Yahoo!のアルゴリズムの検証には前回の結論を敢えて否定することも必要で有ると考える。
    何故なら、得られたデータの一部を以って全体を判断することは余りにリスクが大きいからだ。
    そこでmetaタグを異なった切り口で検証してみたが、やはりmetaなのか?という結論は崩せなかった。

    /アーカイブ:2008年09月
  • キーワード出現比率もタイトルタグもseoポイントは高くはない?
    コマンド検索での検証を継続している。
    前回は「intitle」であったが、今回は「inbody」を使用してみた。
    2つのコマンド検索で得られた順位の相違を考察すると、キーワード出現比率もタイトル タグもseoポイントは高くは無いことが検証出来た。

    /アーカイブ:2008年09月
  • Yahoo!の変動とタイトル タグのseoポイント
    Yahoo!の変動時は前回ランキングとの相違によって、アルゴリズムの検証には最適な時期である。
    そこで今回は「intitle」のコマンド検索を用いてタイトル タグの重要度を調査してみた。
    するとYahoo!においてはGoogle程、タイトル タグのseoポイントは高くないようである。

    /アーカイブ:2008年09月
  • h1タグの使い方
    今回からは具体的にブラウザに表示される本文の記述について説明して行きます。
    <body>で始まる本文記述の最初のテキストはseo(検索エンジン最適化)対策上、とても大事なポイントです。
    そこで今回は<h1>タグの使い方をレクチャーしましょう。

    /アーカイブ:2008年04月
  • メタタグを記述しよう
    Yahoo seo Google管理人ただ男によるseo基礎講座編。
    タイトル タグの記述が済んだら、次はメタ タグを記述します。
    ウェブページの概要を記述する<meta name="description">と、キーワードを記述する<meta name="keyword">です。

    /アーカイブ:2008年04月
  • seoの基礎知識;タイトルタグで全て決まる
    Yahoo seo Google管理人ただ男によるseo基礎知識編。
    今回はウェブページを作成する際に最も大事なポイントであるタイトル タグの記述についてアドバイスします。
    検索結果に表示されたタイトルを見てユーザーはアクセスするかどうかを瞬時に見極めます。
    その意味でタイトル タグで全て決まると言っても過言では無いでしょう。

    /アーカイブ:2008年04月
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google