> 2014年Googleパンダアップデートとseo

2014年Googleパンダアップデートとseo カテゴリの記事一覧

Yahoo seo Google 2014年Googleパンダアップデートとseo カテゴリの記事一覧です。記事名とエントリーされたアーカイブ年月日を表示しています。

  • パンダアップデートの再クロールによるリンク総数の増加
    パンダアップデート4.2の再クロールに伴うデータ更新で、<サイトへのリンク>総数が増加している。
    Search Consoleに登録した当Yahoo seo Googleブログのデータを紹介しつつ報告しよう。

    /アーカイブ:2015年08月
  • 内部の技術的な問題を推測してみた
    パンダアップデート4.2の更新完了迄に数ヶ月を要するのは、内部の技術的な問題に因ることがGoogleから報告されている。
    ではこの内部の技術的な問題とは具体的にどの様な問題なのか?
    Yahoo seo Googleの過去記事から推測してみた。

    /アーカイブ:2015年08月
  • パンダアップデート4.2 更新1週間強の推移
    パンダアップデート4.2の更新が報告されてから1週間強が経過した。
    この間、Yahoo seo Googleブログにも更新に伴う変化が生じた。
    完了まで数ヶ月掛かると言われた更新の、今現在の状況を報告しようと思う。

    /アーカイブ:2015年07月
  • パンダアップデート4.2の更新開始
    Googleパンダアップデートの更新が遂に開始された。
    パンダアップデート4.2とされ、2014年9月末の更新から10ヶ月を経てのリフレッシュとなる。
    Yahoo seo GoogleブログのSearch Consoleのデータから、更新はこの週末(7月25日辺り)にあるのではないかと予想していた。
    <内部リンク>のデータに、今まで見られなかった変化を感じていたからである。

    /アーカイブ:2015年07月
  • パンダアップデートの更新準備は完了か?
    予告されたパンダアップデートの更新は未だ訪れていない。
    だが更新に先立つ準備は既に完了されている様だ。
    Yahoo seo Googleブログにおいても、それを感じさせるデータを取得しているが、コンサルティングしているウェブサイトにおいて完了の顕著なデータを発見したからである。

    /アーカイブ:2015年07月
  • パンダアップデートの手動更新
    SEO Japanさんの記事を読むと、パンダアップデートの更新は自動から手動更新に改まったと考えて良さそうである。
    ではその手動更新は何時から、何が原因で改まったのだろうか?
    Yahoo seo Googleブログの最適化修正過程と照らし合わせると、クオリティ アップデートが原因の様に思えてくる。

    /アーカイブ:2015年06月
  • ネガティブseo対策としてのパンダアップデート
    パンダアップデートはネガティブseo対策にも利用されているのだろうか?
    Bingで生じたYahoo seo Googleブログの事例から、再度、それについて考えてみた。

    /アーカイブ:2015年03月
  • 同一のコンテンツは1つのURLに纏められる
    同一のコンテンツを有する異なるウェブページは、代表する1つのURLに纏められる。
    ここで紹介する事例はパンダアップデートの白黒付けるアルゴリズムとは異なる。
    Yahoo seo Googleブログで生じた事例で説明しよう。

    /アーカイブ:2015年03月
  • パンダアップデートはペナルティと認めて修正しなければならない
    パンダアップデートは紛れも無くペナルティである。
    この問題を解消する為には、それを再認識してから始めなければならない。
    かつてのYahoo!のTDP(トップページダウンペナルティ)とは異なり、これはseoにおけるペナルティである。

    /アーカイブ:2015年02月
  • パンダアップデートの解決に二転三転してはいけない
    前回記事「1つの大きなアルゴリズム」で当Yahoo seo Googleブログの過去記事を見直していたことを伝えた。
    この見直しで思い出したのが、パンダアップデートの解決に際し、二転三転したFC2の対処法の履歴である。
    このブログは度重なる仕様変更に遭遇していた。

    /アーカイブ:2015年02月
  • パンダアップデートの誤った白黒認定
    パンダアップデートに関する実に驚くべき仮説を現在検証している。
    但しこれはメルマガにて配信している事なので、当Yahoo seo Googleブログで詳細を記すことは控える。
    ただパンダアップデートの問題とはGoogleのオリジナル認定の誤りによって白が黒に判定されていることから発している。

    /アーカイブ:2015年01月
  • パイレーツアップデートとパンダアップデート
    つい最近Googleウェブマスターツールの<サイトへのリンク>データの中に、Yahoo seo Googleブログへの見慣れないドメインからのリンクを発見した。
    調査すると、それは当ブログをそっくりコピーした所謂スクレイピング サイトであったが、既にパイレーツアップデートにより対処済であった。
    パイレーツアップデートとパンダアップデートについてエントリーする。

    /アーカイブ:2015年01月
  • リダイレクトの履歴とパンダアップデート
    新年早々、パンダアップデートに関する新たな事実を報告しよう。
    Yahoo seo Googleブログの修正過程で、リダイレクトの履歴がGoogleによって保持されていることが判明した。
    パンダアップデートは“リダイレクトされていた”という過去をデータとして保持しているのである。

    /アーカイブ:2015年01月
  • 削除済と期限切れに至る迄のリンク処理
    パンダアップデートによる重複解消については前回記事にした。
    だがもう1点だけ注意しておきたい点がある。
    Yahoo seo Googleブログの重複解消に関係するURLの削除申請で、削除済と期限切れに至る迄のリンク処理について、ハッキリさせておきたい。

    /アーカイブ:2014年12月
  • 重複の解消に時間が掛る理由
    Yahoo seo Googleブログのパンダアップデートの重複解消に、1日の内かなりの時間を費やしている。
    パンダアップデートの問題も私ではなくFC2が招いたものである為、作業に飽きると八つ当たりしたい気分に陥る。
    だがその過程において発見する事実も多々あり、塞翁が馬と意識することで単調な作業に戻ることが出来る。

    /アーカイブ:2014年12月
  • パンダアップデートの重複をサイトコマンドで調べる
    Yahoo! JAPANがGoogle検索エンジンを採用を発表してから4年が経過した。
    その間、Yahoo!のキーワード検索結果(Search Engine Results Pages=SERPs)がGoogleと全く同一になることは無かった。
    今回はYahoo seo Googleブログをサイトコマンドで検索した時の相違について報告しよう。

    /アーカイブ:2014年11月
  • パンダアップデートと更新の重要性
    「パンダアップデート4.1とnetのレスポンス変更」で“net”のURLが「503 Service Unavailable」をレスポンスしていることを報告した。
    その後、Yahoo seo Googleブログのウェブマスターツール各データの推移を見ていたのだが、この推移が興味深い。
    <構造化データ>の検出日は改まるのだが、キャッシュが改まらない。
    更新の重要性を再確認した。

    /アーカイブ:2014年11月
  • パンダアップデート対策で中間リンクを削除
    前回記事「パンダアップデート4.1とnetのレスポンス変更」の続きを検証していた。
    URLの正規化とパンダアップデートの関連について、である。
    Yahoo seo Googleにおけるパンダアップデートの問題とはURLに存在するからである。

    /アーカイブ:2014年10月
  • パンダアップデート4.1とnetのレスポンス変更
    パンダアップデートとサイトマップの関係を検証していたが、やはり先日のサイトマップの保留はパンダアップデート4.1が関係しているのではないか?
    そう推測したのは、Yahoo seo Googleを始めとするFC2ブログがパンダアップデートの重複問題を招いた“net”のドメインがレスポンスを変更していることに気付いたからだ。

    /アーカイブ:2014年10月
  • パンダアップデートとコンテンツの履歴
    ウェブマスターツールに登録したYahoo seo Googleブログのサイトマップが保留状態から脱し、検証でGoogleの壮大な無駄が見えた気がする。
    壮大な無駄とは、パンダアップデートからの回復を妨げるコンテンツの履歴に関することである。

    /アーカイブ:2014年10月
  • サイトマップの保留はパンダアップデート4.1に関係あるのか?
    Yahoo seo Googleブログのサイトマップは未だ「保留」状態である。
    近年、ここまで長期間に渡って「保留」にされたことは無い。
    導入が噂されるパンダアップデート4.1とサイトマップの「保留」には因果関係が有るのだろうか?

    /アーカイブ:2014年09月
  • ペンギンアップデートはパンダアップデートに変わる?
    今後、ペンギンアップデートはパンダアップデートに変わるのではないか?
    そんな思いを強くしている。
    2つのアルゴリズムはほぼ同時にGoogleによってローンチされ、seoスパムに対する両輪の働きをするものと推測しているからだ。

    /アーカイブ:2014年08月
  • パンダアップデートの修正順番
    Googleのseoが難しいのは、問題の原因が特定出来てもGooglebotがどの様に働いているのか?が掴めない点であろう。
    例えば、初めから最適化されたウェブサイトを作成しGooglebotがクロールするのが正常なクローラーの走り方とするなら、修正とは言わば逆走を促すことだ。
    過去に戻り、その時点から再度のクロールを要請しなければ、過去の履歴が改まらないからである。

    /アーカイブ:2014年07月
  • パンダアップデート対策とはサイト全体の関係性を修正すること
    パンダアップデートについては完全に理解した。
    そしてリカバリーを目的とする修正に時間を費やしていた為、ブログは更新出来なかった。
    一体どこ迄このパンダアップデートについての情報を公開しシェアするべきか?が分からない。
    Googleのseoについて語る有料メルマガがあるから対処に窮する。

    /アーカイブ:2014年06月
  • パンダアップデート4.0と手動ペナルティの解除
    2週続けてパンダアップデート4.0に関することをYahoo seo Googleメルマガの題材に取り上げたのであるが、その内容に打って付けの記事を海外seo情報ブログさんがエントリーしているのに気付いた。
    パンダアップデート4.0と、それに伴う手動ペナルティの解除に関する記事である。

    /アーカイブ:2014年06月
  • Googleはseoアルゴリズムによる暴走をコントロール出来ない?
    パンダアップデート4.0による変動が終息し、その後、ルーティーンのデータ更新がウェブマスターツールで確認出来た。
    更新されたデータと検索結果を見較べると、Googleは自身が作り出したseoアルゴリズムをコントロール出来ないのではないか?と感じた。
    そしてそれを刷新する為にパンダアップデート4.0は登場し、新秩序で整理し直している様に思えるのだ。

    /アーカイブ:2014年06月
  • パンダアップデート4.0とは?
    パンダアップデート4.0による変動も一旦は終息した模様だ。
    先日、Yahoo seo Googleメールマガジンにパンダアップデート4.0について、今現在判明したことを書いて配信予約を完了させた。
    Googleが伝えていた次世代型のパンダアップデートで間違えないだろうと言うのが私の推測である。
    パンダアップデート4.0によりGoogleは更にseoスパムに対して厳しいアルゴリズムに変わりつつある。

    /アーカイブ:2014年05月
  • 公式ヘルプと問題の複雑化
    メルマガで書くべき案件が増えてしまい、Yahoo seo Googleブログの更新に手が回らない状況が続いている。
    昨日久し振りに過去のブログ記事を見直していて、ある記事を読んで思わず笑ってしまった。
    パンダアップデート後のGoogleが表示させる検索結果は、ある時のYahoo!とまるで同じ状況を創出していたからである。

    /アーカイブ:2014年04月
  • 低品質なコンテンツとは?
    Yahoo seo Googleブログの全記事を最近見直してみた。
    既に削除した記事へのリンクは全て削除した積りでも、見逃しはあった。
    その作業中脳裏に浮かんだのは、パンダアップデートの低品質なコンテンツとはどういう事なのだろうか?という点であった。

    /アーカイブ:2014年03月
  • 次世代パンダアップデートで大規模サイトは救済されない?
    海外seo情報ブログさんに「次世代パンダアップデートと次のペンギンアップデート更新についてGoogleマット・カッツがコメント」という記事がエントリーされている。
    読んで思ったことは、次世代パンダアップデートでは大規模サイトは救済されないのではないか?と言うことだ。
    この記事が伝える内容に関連しているのかは不明だが、seoアルゴリズムの検証に良く用いているURL検証に異なる検索結果が表示されるようになった。

    /アーカイブ:2014年03月
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google