> Google seo

Google seo カテゴリの記事一覧

Yahoo seo Google Google seo カテゴリの記事一覧です。記事名とエントリーされたアーカイブ年月日を表示しています。

  • グーグルのバックリンク更新で分かること
    バックリンクのデータが更新されて、Googleウェブマスターツールに表示されるクロールエラーのURLが増えた。
    そしてクロールエラーを引き起こすリンクと絶対パス、相対パスのマイナス、Google seoアルゴリズムについてエントリーします。

    /アーカイブ:2011年01月
  • 中古ドメインの被リンク効果について
    前回記事「グーグルの被リンク効果について」をお読みになった方からメールを頂戴した。
    どうやら中古ドメインとGoogle seoアルゴリズムに関する推測は当たっていた様だ。
    中古ドメインの被リンク効果についてエントリーします。

    /アーカイブ:2011年01月
  • グーグルの被リンク効果について
    Googleの被リンクによるseo効果について記事にしよう。
    Yahoo!のダイナミックな被リンク効果に比べ、Googleは被リンクに様々な要因が加味されている。
    この要因が全て真っ当なものであれば、正当なseoスコアをリンク先に付与するが、そうでなかったらどうなるでしょうか?
    時間軸で保存されたGoogleのデータは、リンクの不当性を暴露する可能性を秘めているからである。

    /アーカイブ:2011年01月
  • アルゴリズムの重要性はドメイン、コンテンツ、タイトルの順
    昨日記事にした件で調査を重ねていた。
    その結果、やはりGoogle.comこそオリジナルなデータであることが分かった。
    2つの検索エンジンと3つの検索結果の違いを比較することで見えて来たのは、seoアルゴリズムの重要性はドメイン、コンテンツ、タイトルの順となることである。

    /アーカイブ:2011年01月
  • Google.comとYahoo!、Google.co.jpでまるで異なるSERPs
    Yahoo! JAPAN、Google.com、Google.co.jp、各々のキーワード検索結果(SERPs)に疑問が生じている。
    私の理解ではGoogle.comが根本のデータであり、それぞれ独自のフィルターが掛ったものがYahoo! JAPANのSERPsとなり、Google.co.jpのSERPsになると思っていた。
    だが、ある検索キーワードで調査すると、その理解を疑わせる程、3つの検索結果が大きく異なるのである。

    /アーカイブ:2011年01月
  • グーグル クローラーのサイト巡回法
    Yahoo seo Googleブログも2011年3月で開始丸3年を迎える。
    だがGoogleに真剣に向き合ったのは、ここ数ヶ月である。
    だからか、Yahoo!に比較して余りに遅いGooglebotのクロールに少々痺れを切らしている。

    /アーカイブ:2011年01月
  • グーグル逆ハネムーン
    Yahoo! Google seoアルゴリズムとは奇妙な差異に対し論理的な推論を立てて実証と共に把握するべきものだ。
    奇妙な差異とはキーワード検索結果(Search Engine Results Pages=SERPs)の変化に関係する。
    一見すると昨日と変わりなかった筈なのに、急遽ランクアップするサイトがあり、ランクダウンするサイトがある。
    ある急落したサイトの、グーグル逆ハネムーンを紹介しよう。

    /アーカイブ:2010年12月
  • ニセコ東山スキー場を紐解く
    先日記事にした「URLのブランド化」に関連して、格安レンタルサーバー比較ブログさんが記事で取り上げていた「ニセコ東山スキー場」の件について調査してみた。
    /アーカイブ:2010年12月
  • URLの統一と絶対パスと相対パス
    以前「URLを再度統一せよ!」で報じたwwwとnon-wwwの統一の件であるが、その後「こうしたソースに記述したリンク パスがいけない」という事例を発見したので報告しよう。
    /アーカイブ:2010年12月
  • URLのブランド化
    前回記事「グーグルが評価しているリンクはこれだ!」で紹介した方法で様々なサイトの調査をしていた。
    検証した数少ないサイトだけで判断すれば、GoogleもかつてのYahoo! seoアルゴリズムと同様にリンクの関連性を重要視している様だ。

    /アーカイブ:2010年12月
  • グーグルが評価しているリンクはこれだ!
    前回記事「URLを再度統一せよ!」に関連してURL検索に勤しんでいた。
    Yahoo! JAPANでwww google.co.jpのURL検索していた時に面白いキーワード検索結果(Search Engine Results Pages=SERPs)を発見したので報告しよう。

    /アーカイブ:2010年12月
  • グーグルのひらがな検索の弱点
    検索エンジン最適化を志す方にとって2010年12月1日は記録すべきseoデーとなったのではなかろうか。
    デスクトップPC検索の同一表示によって、ウェブ検索の90%はGoogle seoアルゴリズムによって支配されることになった。
    ではその弊害は?
    かつてのYahoo!ではしっかり対処されていたが未だGoogleでは未対処の、seoアルゴリズムの致命的欠点“ひらがな”検索について触れておこう。

    /アーカイブ:2010年12月
  • 更新の度合いと最適化の度合い
    Yahoo!、Google双方のseoアルゴリズムにおいて、サイトがどれ程検索エンジンに対し最適化されているのかの度合いは簡単に数値化出来る。
    だが最適化の数値は時に上下動する。
    何故ならYahoo!とGoogleのランキングには更新と最適化(seo)の度合いが関与するからだ。

    /アーカイブ:2010年11月
  • 発リンクのseo効果
    前回記事で伝えた方法で得られるGoogleのキーワード検索結果は、言わばアルゴリズムの宝の山である。
    つまりYahoo!、Google双方ともseo(検索エンジン最適化)の度合いに応じ、そこに外部の要因が積み重ねられることで、どれ程のseo効果があるのかが一目瞭然だからである。
    両検索エンジンのアルゴリズムの相違は発リンクのseo効果である。

    /アーカイブ:2010年11月
  • アルゴリズムによるマイナスポイント
    Yahoo! seoアルゴリズムにおいてドメイン・トップページのタイトル タグに記述されるテキストは、ランキングを決定するアルゴリズムの一要素に過ぎない。
    しかしGoogle seoにおいてタイトル タグはYahoo! seoの一要素を超えて、マイナスの加点を加えるポイントとなることが判明した。
    商用サイトで起こった事例を基に報告しよう。

    /アーカイブ:2010年10月
  • 内部重視のアルゴリズム
    Yahoo!もGoogleも、そのseoアルゴリズムは内部重視のものであることを当ブログを例に説明しよう。
    Googleは被リンク重視だと思われる方は、当ブログがGoogleの「yahoo seo」検索で上位表示されている理由をこう考えるだろう。
    「yahoo seo google」のアンカーテキストで多くの被リンクを受けているから、と。
    実際その被リンクが「yahoo seo」で上位表示させている原因の1つであることは間違えが無い。

    /アーカイブ:2010年10月
  • ヤフーとグーグル インデックスとの相違
    Yahoo! seoアルゴリズムにおけるインデックスの反映と、Googleのそれとの違いを見出した。
    本日、Googleでの順位変動で知ることとなった。

    /アーカイブ:2010年09月
  • ヤフーseoとグーグルseoで分かったこと
    Yahoo! seoアルゴリズムについて考えていた時、「最適化されたサイトはきっとYahoo! JAPANだろう!」と思い至り、徹底的にYahoo! JAPANを調査した。
    それが結果として沢山のアルゴリズムの発見に繋がった。
    同じ様にGoogle seoアルゴリズムについては、Googleを徹底的に調査した。

    /アーカイブ:2010年09月
  • ヤフーseo グーグルの盲目
    Yahoo!、Google双方のseoアルゴリズムに共通するが、被リンクとはサイト内部が最適化されていて初めて効果が出るものだ。
    当ブログは無料ブログで出来る範囲で最適化をしている。
    だからこそ「yahoo seo」のアンカーテキストでリンクされると、そのリンクがランキング効果を上げるのだ。

    /アーカイブ:2010年09月
  • キーワード出現比率とYahoo! Googleのseoアルゴリズム
    ある考えについて一旦批判的な見地に立って検証することは真実の発見に大きく役立つものだ。
    WEB in the morningさんが私の記事に呼応して新たな記事をエントリーされていたので興味深く拝読した。
    果たしてGoogleは“キーワード出現率以外の要素でのアルゴリズムが強い”という検証結果は真実なのか?
    キーワード出現比率を念頭にして、Yahoo! Googleのseoアルゴリズム検証が出来たので報告しよう。

    /アーカイブ:2010年03月
  • Googleに見るアルゴリズムの進化
    前回記事で報告したAltaVistaのインデックス更新。
    それに伴うWeather Reportはアナウンスされていない。
    そのことに苛立つ訳でも無く、今見据えているのはアルゴリズムなどでは無い。
    検索システムの脱アルゴリズムについて、である。

    /アーカイブ:2009年08月
  • スコア2倍の法則はGoogleにも当てはまる!
    殆ど気に掛けたことが無かった当Yahoo seo GoogleブログのPageRankであるが、新しい質問はないかと「Yahoo Google seo掲示板」にアクセスすると、PageRankが3を表示しているのを発見した。
    PageRankが3だって?
    この掲示板はブロマガ読者からの質問に答える為に設置したものである。

    /アーカイブ:2009年06月
  • キーワード検索HIT件数の謎
    不思議な現象をGoogleで発見した。
    それは毎度のことながらGoogleで「yahoo seo」と検索した時の事だった。
    キーワード検索でHITする件数が謎なのである。

    /アーカイブ:2009年03月
  • Yahoo! seoと比較して分かるGoogleのアルゴリズム
    昨日の記事で触れたYahoo! JAPANとGoogleのキーワード検索結果(Search Engine Results Pages=SERPs)の件であるが、両検索エンジンのseoアルゴリズムを比較することでGoogleのアルゴリズムの特長を把握して行けるのでは?と考えている。
    /アーカイブ:2009年03月
  • 「Google、関連性の高いサイトからのリンク評価を重要視」を読んで
    海外seo情報ブログさんに「Google、関連性の高いサイトからのリンク評価をより重要視」と題した記事があった。
    Googleでも関連性のあるリンクを以前よりも高く評価する様になって来たことがWebmasterWorldのスレッドに掲載されたそうだ。
    結局、Yahoo!もGoogleも究極の目的は同じであり、そこに至る迄の方法論が異なるだけである。

    /アーカイブ:2009年03月
  • Googleサイトマップ送信意義とトップ10入りの因果関係
    商用サイトの主要キーワードで、Google検索でもトップ10に返り咲いたことを確認しました。
    これでYahoo! Google共に念願のトップ10入りである。
    トップ10に返り咲く過程でウェブマスターツールの重複データをウオッチしていた。
    Googleにおいてサイトマップを送信する意義は大きい様である。

    /アーカイブ:2009年02月
  • なぁんだ、Googleのアルゴリズムはみんなココに書いてある!
    Googleのseo対策として“shift_jis”の文字コードでページを作成することが効果的だと何処かで読みましたが、それは正解!
    その理由も含めて、Googleのアルゴリズムはみんなココに書いてあるじゃない!

    /アーカイブ:2009年02月
  • Google、アルゴリズム発見第1弾
    前回、Googleのseoアルゴリズムの謎に迫る記事を書いた。
    その記事は実験的な意味合いも含んで更新されたものである。
    その実験結果があって本日の記事がある。
    Google、アルゴリズム発見第1弾として報告しよう。

    /アーカイブ:2009年01月
  • 相対パスの記述に注意せよ!
    商用サイトの修正が終わった、それも全ページの修正である。
    年末ではあるが、見つかったエラーを解消するのは早急にするのが良い。
    エラーとはソースの相対パスの記述ミスである。

    /アーカイブ:2008年12月
  • グーグルのseo対策、念願のトップテン入り
    グーグル検索において遂に念願のトップテン入りを果たした。
    嬉しさよりも「何故こんなことが分からなかったのか?」という自己批判が先に立つ。
    Googleのseo対策においてはPageRank(ページランク)という概念が頭から離れなかった。
    つまり沢山の被リンクを集めることが上位表示の秘訣、ということだ。

    /アーカイブ:2008年07月
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google