> seoのwwwとnon-www

Yahoo seo Google seoのwwwとnon-www カテゴリの記事一覧

Yahoo seo Google seoのwwwとnon-www カテゴリの記事一覧です。記事名とエントリーされたアーカイブ年月日を表示しています。

  • .htaccess記述に注意せよ!
    暇さえ有ればGoogleウェブマスターセントラルを読み耽る日々が続いている。
    以前、Yahoo!検索インフォセンターを読み耽った日々が思い出される。
    301リダイレクトの対応が大きく異なった旧YSTとGoogle。
    その違いはどうやら.htaccessにまで引き継がれている様である。

    /アーカイブ:2011年01月
  • ソースの記述は絶対パスが良いらしい
    wwwありとwwwなしの問題は継続している。
    その解消に向けて検証を進めているが、Googleの場合、ソースのリンク記述は絶対パスの方が良い様である。
    Yahoo! Googleに限らずseo的にURLが統一されていないことは大きなマイナスとなることは常識である。

    /アーカイブ:2011年01月
  • ウェブマスターツールヘルプの気になる一文
    Googleバックリンクの更新で現れた奇妙なタイトルについて、それに該当するだろうGoogleウェブマスターツールのヘルプを何度も読み返している。
    Yahoo!でも散々悩まされたwwwとnon-wwwの問題がGoogleで再現されるとは、まさか思っていなかったのだが…。

    /アーカイブ:2011年01月
  • URLを再度統一せよ!
    前回記事「2ちゃんねるで得た今日の発見」で伝えたYahoo!のURLの件であるが、これはウェブサイトとウェブページの関係を示唆していてとても興味深い。
    seo(検索エンジン最適化)の基本中の基本となるURLの統一を今一度、徹底しておきたい。

    /アーカイブ:2010年12月
  • wwwありとなしアゲイン!
    最近ずっとYahoo!=Google化したキーワード検索に表示される、謎の検索結果を調査していた。
    それは商用サイトのseo(検索エンジン最適化)を目指して最初に遭遇した、wwwとnon-wwwの問題に起因している様である。
    wwwありとなしアゲイン!である。

    /アーカイブ:2010年12月
  • seo対策に.htaccessは必須
    seo対策に.htaccessは必須である。
    誰もが最初から検索エンジンに最適化されたウェブサイトを構築出来る訳ではなく、失敗することで学んで行く。
    失敗を取り返すのに、場合によっては大変な労苦を費やすケースがある。
    それこそwwwとnon-wwwの問題であり、301リダイレクトによるURLの統一である。

    /アーカイブ:2009年02月
  • ヤフージャパンのサブドメイン問題
    Yahoo! Site Explorerでは解消されたwwwありとwwwなしの問題だが、日本語版Site Explorerでは解消されていない事実が判明した。
    wwwとnon-wwwの問題はドメインとサブドメインの問題に相違ない。
    Yahoo! JAPANのサブドメイン問題について検証してみた。

    /アーカイブ:2008年05月
  • WWWありとWWWなし
    商用サイトを運営し始めて、最初にして最大のseo上の問題がこのWWWありとwwwなしの問題だった。
    当初、プロバイダが提供してくれる無料スペースでウェブサイトの運営を始めた為、ウェブサイトのURLにはWWWが付いていなかった。
    seo(検索エンジン最適化)対策の本を読み、情報をネットで収集し、狙っていたキーワードで10位以内に入る寸前まで来ており、そこで最後の一手としてYahoo!のカテゴリ登録することを決断した。

    /アーカイブ:2008年03月
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google