> seoコラム2012年4月~

Yahoo seo Google seoコラム2012年4月~ カテゴリの記事一覧

Yahoo seo Google seoコラム2012年4月~ カテゴリの記事一覧です。記事名とエントリーされたアーカイブ年月日を表示しています。

  • seoは筋トレに似ている
    Yahoo seo Googleブログの修正を終えた。
    修正したと書くと即座にソースを覗く人もいるが、ソースに加えた修正は無い。
    見えない部分での修正であり、そして今は休息の時間である。
    seoは筋トレに似ていると思うこの頃である。

    /アーカイブ:2015年01月
  • オフラインとオンライン処理
    Googleのseoに関する話題で、私の今の関心はオンラインとオフラインにある。
    ウェブマスターツールに登録したYahoo seo Googleブログの各種データを見ても、オンラインで処理されていると感じるデータが増えている。
    何れは全てがオンラインで処理される様になるのであろうか?

    /アーカイブ:2014年12月
  • マット・カッツ氏の過去のコメントは鵜呑みに出来ない!
    ブログに書くことが無かった訳ではないが、書き始めると重要な発見があり、結局それはメルマガ用の原稿に置き換わる。
    Yahoo seo Googleブログの更新が疎かになった理由である。

    /アーカイブ:2014年03月
  • スマートフォンへの最適化(seo)
    Googleウェブマスター向け公式ブログでスマートフォン用コンテンツのクローラーが変更されることが発表された。
    もしかしたらウェブマスターツールのFetch as Googleの不具合もこれが原因ではないかと疑い始めている。
    検索エンジン最適化(seo)とインデックスには密接な関係があり、今更ながらGoogleの想像力の無さに呆れている。

    /アーカイブ:2014年01月
  • スマートフォン用URLエラーの実装は明るい材料
    Googleウェブマスターツールにスマートフォン用URLエラーが実装された。
    漸くGoogleが問題の解決に着手し始めた印象を抱く。
    そもそも最適化(seo)への問題が発見出来ると言うのがウェブマスターツール登録の売りだった筈だが、実際は異なっていた。
    どうもこれはGoogleという組織の問題ではないか?と感じている。

    /アーカイブ:2013年12月
  • 検索エンジンと文化の相違
    手動対策ビューアが実装された辺りから、Googleがウェブマスターツールにサイトを登録させようという思惑めいたものを感じる様になった。
    私自身はGoogleに最適化(seo)する為にウェブマスターツールに登録することは必要不可欠だと思っているが、未登録の方も多いということだろう。
    検索エンジンと文化の相違について触れてみたい。

    /アーカイブ:2013年09月
  • seoは秘匿されるべきである
    Googleが迷走している。
    Googleに最適化(seo)されたサイトと、そうでは無いサイトの、ランキング上の折り合いに苦しんでいるのだろう。
    seoとは検索エンジン、ウェブサイト双方にとってトラブルの根幹たるものだ。

    /アーカイブ:2013年06月
  • seoの“当たり前”と思考の重複
    seoの情報をウェブ上で求めることは、極めて自然な行いである。
    だが、求める情報と得られた内容に齟齬があれば情報を生かす施策は逆の結果となる場合がある。
    そうならぬ為には正しい理解が必要であり、その為、言葉の定義こそ最優先課題なのかもしれない。

    /アーカイブ:2013年05月
  • seoの“ちまちま”に不満
    Yahoo seo Googleブログでも何度か紹介した手動ペナルティを科されたサイトのウェブマスターから昨日メールを頂戴した。
    手動ペナルティが解除され、キーワード検索で10件表示で4ページ目に再登場したサイトは現在2ページ目まで回復したと言う。

    /アーカイブ:2013年04月
  • 独占化のseoには完璧化が要求される
    Googleのパンダアップデートが未曾有の混乱を招いているのは紛れもない事実であろう。
    Yahoo! JAPANがGoogle検索エンジンを採用したことから、日本の検索はグーグルでほぼ独占されており、デバイスが多様化する中、更にseoには完璧化が要求される。
    まるで日本の電力需給が独占状態にある電力会社によって賄われ、国民に不利益を享受させているのと同様である。
    選択肢が少ない世の中は競争を生まず、停滞への大きな推進力となることを実感せざるを得ない。

    /アーカイブ:2013年03月
  • seo情報不足はサボタージュである
    Yahoo seo Googleメルマガの第11回配信を終えた。
    タイムリーな話題を交えつつ配信しているが、「Googleウェブマスター向け公式ブログ」で報じられた携帯端末専用ウェブサイトの件には触れていなかった。
    どうして今更ながら日本語版が用意されたのであろうか?
    Googleのパンダアップデートに関係が深いからこそ、改めて注意喚起の意味合いで用意されたのではないかと推測している。

    /アーカイブ:2013年03月
  • seoに求められる他人事の冷静さ
    Yahoo seo Googleブログの重複が中々解消しない。
    出来るだけ早く解消したいと考え、カテゴリページを増やした。
    カテゴリに属する古い記事が1ページに収まらず、奥へ奥へと伸びて行くと、どうしてもリンクジュースの流れが悪くなるからだ。
    その修正最中、Google seoのカテゴリで懐かしい記事を見つけた。

    /アーカイブ:2013年02月
  • seoとはロボット的な思考で行わなければならない
    Yahoo seo Googleメルマガを創刊してから、重要な発見を書くべき場はメルマガへと移行した。
    少し前なら書くべき事が見付かれば即座にブログを更新した。
    それが無くなった分、じっくりとGoogleについて検証する時間が出来た。

    /アーカイブ:2013年02月
  • 2013年、seoについてグーグルへの提言
    大いに悩まされた1年となった。
    悩みの元凶はGoogleによる情報提示の不親切さに尽きるのではなかろうか?
    Yahoo!=Google化した日本において、seoに不慣れな者はスパム的な施策は何1つすること無く、ウェブでの不遇に見舞われる事態となった。

    /アーカイブ:2012年12月
  • seoには検索エンジン本位のサイトを作成しよう!
    Googleと相性の良いサイトを作成しようと思った場合(正にこれこそ真のGoogle seoである)、Googleが推奨する方法を選択しなければseo的にはマイナスになる。
    これは当たり前の様に思えて実はトンデモナイことだと思っている。
    以前、Googleは「検索エンジンが無くてもそうした施策をしますか?」と、ユーザー本位のサイト作成を心掛けるように推奨していたが、まるで逆ではないか!とツッコミたくなる。
    ユーザー本位の優れたコンテンツを上位表示させるのが検索エンジンの使命であろうに…。

    /アーカイブ:2012年12月
  • seoと上位表示対策の違い
    最近、他のseoブログを読んでいて混同することがある。
    私が定義するseoとは検索エンジン最適化を指し、キーワード検索で上位表示する施策をseoとは呼んでいない。
    その為、seoと上位表示対策とを明確に区別する目的で最近の記事では使い分けて使用している。

    /アーカイブ:2012年11月
  • seoは全てGoogleによって公表されている
    seoにおける問題が発生し、その解決過程で理解出来ることはGoogleのseoは全てGoogleによって公表されているという事だ。
    公表されている情報は曖昧で、解決過程で初めてその意味することが理解出来るからだ。
    だからこそ「公表されている」という事実から出発すれば、問題は須らく解決出来ると確信している。

    /アーカイブ:2012年11月
  • seoの本質
    順位変動が大きいキーワードとそうではないキーワードがある。
    「seo」や「seo対策」の変動に比べれば「Yahoo seo」や「Google seo」等は殆ど変動は無いと言っても過言では無い。
    つまり順位が激しく争われているキーワードでは無いと言うことだ。

    /アーカイブ:2012年08月
  • seoとレギュレーション
    Google seoアルゴリズムとレギュレーションは異なる。
    レギュレーションとはルールであり決まり事である。
    ロンドン・オリンピック開催中である為、レギュレーションという言葉を耳にする機会も多いだろう。
    この世の全てはレギュレーションの上に成り立っていると言っても過言ではない。

    /アーカイブ:2012年08月
  • seoバランスの喪失
    Googleの変動が止まない。
    相応しい検索結果が一向に提供出来ないことへの苛立ちの様にも感じる。
    それは仕方が無いことなのかも知れない。
    放置してきたツケがGoogleに対する批判となって返って来ている様に思われる。
    seoがバランスならば、バランスを一方的に喪失させたのはGoogleなのだから。

    /アーカイブ:2012年08月
  • seoトラブル
    パンダアップデートの更新に伴って現在Googleは変動中である。
    今後パンダアップデートは日本でも自動更新されるのであろう。
    であるなら、その前にGoogleによる不具合を修正してからにしてくれ!と文句の1つも言いたくなる。
    適切な説明も無くGoogleによりseoトラブルを被ったウェブサイトは損害賠償を請求出来ないものであろうか?
    サイトがウェブマスターの著作物であるとしたら、サイトの改変は著作物に対する棄損であると思うからである。

    /アーカイブ:2012年07月
  • 悲しいseo
    Google seoアルゴリズムにおける時間とアクセスの相関関係を調査したいと思い、記事の更新は控えようと思っていた。
    だが、余りにそれは最低なのではないかという義憤が抑え切れない。
    Googleのクローラーはリンクを辿りPageRankを算出することは出来る。
    しかしリンクに含まれたモラルまでは算出出来ない。

    /アーカイブ:2012年04月
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google