> Yahoo seo 2009年11月~

Yahoo seo 2009年11月~ カテゴリの記事一覧

Yahoo seo Google Yahoo seo 2009年11月~ カテゴリの記事一覧です。記事名とエントリーされたアーカイブ年月日を表示しています。

  • アルゴリズムの近似性
    Google seoアルゴリズムを調査しながら、これはInktomiだなぁと感じる機会が多い。
    Yahoo! seoアルゴリズムがAltaVistaを主とする前、それはInktomiが担っていた。
    だから幾ばくかの郷愁を伴いながら、Yahoo!とGoogle両検索エンジンのseoアルゴリズムの近似性を思わずにはいられない。

    /アーカイブ:2010年10月
  • Xデーはいつか?
    Yahoo! seoアルゴリズムが終焉し、Google seoアルゴリズムに移行するXデーは何時になるのか?
    予想等しても仕方が無いとも思うが、興味本位で予想してみようか!

    /アーカイブ:2010年09月
  • seoフィルターを掛けるとしたら?
    Yahoo! JAPANの検索システムがGoogleに全面的に移行するのは何時なのだろうか?
    テスト目的の切り替わった検索結果を報告しているseoブログの記事もある。
    この動きに反動するかの様な試みが先のYahoo!の変動である。
    Yahoo! seoフィルターとの関連でこの変動を考察してみた。

    /アーカイブ:2010年09月
  • Yahoo! JAPANのseoフィルターについて
    Yahoo! seoアルゴリズムの終焉と同時にGoogle seoアルゴリズムが今後日本の検索市場を独占する。
    実しやかに語られるこの言説であるが、Yahoo!が終焉してもYahoo! JAPANが独自に科していたseoフィルターが今後も継続される可能性は大である。

    /アーカイブ:2010年08月
  • 今だからこそYahoo!向きの対策を!
    Yahoo!に悩まされて来た人には「何を言っているんだ?」と、狂人扱いされるかも知れない。
    だが今だからこそ対策すべきである。
    Yahoo! seoアルゴリズム向きの対策を!
    そこにはYahoo! JAPANがGoogle検索エンジン採用に至った理由と現在の検索結果に関係がある。

    /アーカイブ:2010年07月
  • Yahoo!がGoogleに!だからどうした?
    今日のseoブログはこの話題で持ち切りだ。
    Yahoo! JAPANが検索システムにGoogleを採用すると発表したことだ。
    これでYahoo! seoアルゴリズムも終焉が間近な様だ。
    だが、だから何?という、些か気の抜けた感想を抱かずにはいられない。

    /アーカイブ:2010年07月
  • ブログの修正
    Yahoo seo Googleブログの修正をした。
    どれ程手を加えずにいたのか不明なぐらい久し振りだ。
    Yahoo! seoアルゴリズムに即して修正を加えた。
    一体これでどういう変化が起こるだろうか?

    /アーカイブ:2010年06月
  • 本質的なリンクのあり方
    久し振りに「yahoo seo」検索における当ブログの順位を確認してみた。
    この辺りだろうという推測通り、現在は99位に位置している。
    何故この順位なのか?についてエントリーしよう。

    /アーカイブ:2010年06月
  • 本質的なキーワード記述
    Yahoo! seoアルゴリズムの更新と呼ぶより、アルゴリズムの適用方法の修正と呼んだ方が相応しいだろう。
    検索キーワードと本質的なキーワードの把握により、修正を加えたサイトの順位が上がり始めた。
    これによりTDP(トップページダウンペナルティ)の解除は勿論のこと、順位がどれ位上がるのか?興味を抱いている。

    /アーカイブ:2010年06月
  • 脱seoと神は死んだ!
    Yahoo! seoアルゴリズムに関する本質的ば部分はブロマガ記事で報告している為、最近は通常の記事に気を使う。
    有料記事で紹介したことを失念して続きをうっかり書いてしまいそうだからだ。
    仮にYahoo! seoアルゴリズムの重要事項を書いてしまっても、大部分の方はその重要性が理解出来ないことを私は今迄の経験で知っている。
    だがブロマガの読者の方はそう思わない。
    それは何を意味するのか?

    /アーカイブ:2010年06月
  • どのくらいの被リンクで1位になれるのか?
    Yahoo! seoアルゴリズムにおいて、被リンクとアンカーコンテンツマッチは重要な関係にある。
    だが関係性が無いページからの圧倒的な被リンクによっては、キーワード検索の1位を獲得することは可能だ。
    では一体どれ位の被リンクがあれば1位になれるのか?
    検証結果を報告しよう。

    /アーカイブ:2010年06月
  • Yahoo!の被リンク価値が分かるSERPs
    最近はYahoo! seoアルゴリズム検証の為に、定点観測で「退場 無」と検索することが多かった。
    だが久し振りに「退場 アダルト」で検索してみた。
    すると1位表示に「Yahoo! JAPANホームページ」、3位に「Google」という検索結果を確認した。
    Yahoo! seoアルゴリズムにおける被リンク価値が分かる検索結果と言えるだろう。

    /アーカイブ:2010年05月
  • 当たり前でないYahoo!のSERPs
    検索して確かめずとも「当たり前に表示されるだろう」と思う裏側にこそ、Yahoo!やGoogleのseoアルゴリズムは存在する。
    昨日、ブロマガ記事で提示した謎のキーワード検索結果(Search Engine Results Pages=SERPs)を皆様にもご紹介しよう。
    これは、とあるアルゴリズムの変更に対する問題解決の為に私が今取り組んでいるSERPsである。

    /アーカイブ:2010年05月
  • 過去のseo上の問題が再浮上
    先日の記事「棚上げされていた問題解決にYahoo!が着手!」に関連した調査を進めている。
    私の記憶が曖昧になったのか、それとも丸っ切り新たな事象なのかは不明だが、Yahoo! seoアルゴリズムに関する興味ある事例に行き着いている。
    まるで亡霊の様に過去のseo上の問題が浮上するからである。

    /アーカイブ:2010年05月
  • seoアルゴリズムの新ポイント
    ここ数日、私の商用サイトはキーワード検索で2ランク程順位を下げていた。
    しかし昨日夕方辺りに元の順位に戻り、本日朝の定点観測でも同様の順位にある。
    この小幅変動は他のseoブログでも報告されていない。
    Yahoo!のseoアルゴリズムに新たなポイントが加わった様だ。

    /アーカイブ:2010年05月
  • Yahoo!とAltaVistaの退場 無
    今だけなのかも知れないので、急遽記事にする。
    Yahoo! seoアルゴリズムの被リンクに大きな影響を齎すアンカーコンテンツマッチであるが、Yahoo!の検索結果で久し振りに「Yahoo! JAPANホームページ」が1位表示されている。
    興味深いことはまだある。
    AltaVistaにおいても同様なのである。

    /アーカイブ:2010年05月
  • seoアルゴリズムはこう考える!
    ある程度のYahoo! seoアルゴリズムの知識を習得後、私が考えたのは「自分が担当者であったらという仮定でseoアルゴリズムを考えてみよう!」ということだった。
    Yahoo!であろうとGoogleであろうと、アルゴリズムは人が考え創られたものに相違無いからである。
    こう仮定すると、意外と客観的な視点を抱くことに尽力してくれる。
    seoアルゴリズムをこう考えてみては如何であろうか?

    /アーカイブ:2010年03月
  • キーワードが過剰でTDP?
    仕事の合間にseo(検索エンジン最適化)関連の情報をチェックするのが日課になっている。
    Yahoo! seoアルゴリズムの解明は、未知の検索結果を発見することに大きく依存しているからだ。
    しかし最近目に付くのは、私が考え、そして実施している対策とは正反対の考えが他のseoブログで伝えられていることだ。
    キーワードが過剰でTDP(トップページダウンペナルティ)が起こるなんてことは、私の頭には露程も無い。

    /アーカイブ:2010年03月
  • seoとフィギュアスケート
    先日閉幕したバンクーバー冬季オリンピック。
    華とも言える女子フィギュアスケートを見ていて、Yahoo! seoを思い浮かべた私はseo中毒者であろうか?
    フィギュアスケートの評価ポイントをseoスコアに準えると、金、銀、銅のメダルはYahoo!におけるキーワード検索順位に相当する。
    Yahoo! seoアルゴリズムをフィギュアスケートに倣って解説したい。

    /アーカイブ:2010年03月
  • Yahoo!は何故こんなサイトを上位表示させるのか?
    Yahoo!は何故こんなサイトを上位表示させるのか?と誰もが一度は思ったことがあるだろう。
    実際に私も何度も思ったことがある。
    こんな内容の無いウェブサイトにどうして自分のサイトが検索順位で負けなければならないのか?
    こうした理不尽にも思える現象を引き起こすYahoo! seoアルゴリズムについてエントリーする。

    /アーカイブ:2010年02月
  • 画像インデックスとリンク
    その昔、当Yahoo seo Googleブログでは、Yahoo!が画像のALT属性のテキストをインデックスしないという情報を隠していた時があった。
    「Yahoo!は○○をインデックスしない」と書くと、多くの方が挙って「Yahoo インデックスしない」とブログ内検索をしていたものである。

    /アーカイブ:2010年02月
  • 退場SERRsの貴重な情報
    ある方からYahoo! seoアルゴリズムに関する貴重なキーワード検索結果(Search Engine Results Pages=SERPs)の情報を頂いた。
    これはかなり貴重な情報であることは間違えない。
    「退場のSERPs」で書いた「退場」検索で表示されるYouTubeの謎に迫る、根本的な究明に寄与する情報です。
    改めてブログ上より感謝申し上げます。

    /アーカイブ:2010年02月
  • 退場のSERPs
    今、Yahoo!のキーワード検索結果が面白い!
    Yahoo! seoアルゴリズムが露骨に見え隠れする検索結果が至る所で見受けられるからだ。
    「退場」検索で何故か「YouTube - 鮪 マグロ節」のページがランクインしている。
    これも「ヤフーのバクでしょ?」と片付ける感受性を私は持ち合わせていない。

    /アーカイブ:2010年02月
  • 朝と夜のSERPsの違い
    朝と夜とでキーワード検索結果(Search Engine Results Pages=SERPs)がまるで異なる。
    今迄ウオッチしていた中で、ここまで一日の順位変動幅が大きかった日は無いのではなかろうか?
    Yahoo! seoアルゴリズムがまるで分からない。
    多分、アルゴリズム担当者ですら分からないのだろう。
    どれが相応しいSERPsなのかが…。

    /アーカイブ:2010年02月
  • リンクの法則とそれを無視した上位表示サイト
    Yahoo! seoリンクの法則に従って商用サイトのトップページを更に最適化したら、本日の定点観測でまた1つ順位を上げたことを確認した。
    トップ10の中での順位アップである。

    /アーカイブ:2010年01月
  • リンクの法則とアルゴリズムの野望
    今朝エントリーしたブロマガ記事「Yahoo! seo 順位回復と驚くべきリンクの法則」の件であるが、現在は更にその法則から導き出されるアルゴリズムについて思考を巡らせている。
    Yahoo! seoは、そのリンクの法則にも然るべき理由があるから、そうしているのだと確信しているからだ。

    /アーカイブ:2010年01月
  • AltaVistaで勝利せよ!
    今、私が最も気にする検索エンジンはAltaVistaである。
    Yahoo!は勿論のこと、Google seoとの共通施策の効果をAltaVistaで確認出来るからである。

    /アーカイブ:2009年12月
  • Yahoo! seo 突き詰めればGoogle
    Yahoo!とGoogleのseoを突き詰めて考えれば考える程、2つの検索エンジンの近似性が明らかになる。
    どうしてそうなるのであろうか?
    共通の顧客は同じであることが最大の原因であろう。
    顧客とは検索ユーザーその者である。

    /アーカイブ:2009年12月
  • ここ最近のYahoo!の動きが分かりませんなぁ
    ここ最近、Yahoo! JAPANのキーワード検索結果(Search Engine Results Pages=SERPs)は静寂そのものだ。
    当ブログへのクロールも遅いし、これは何らかの思惑があってのことではないかと訝っている。

    /アーカイブ:2009年11月
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google