> Google seo 2012年12月~

Yahoo seo Google Google seo 2012年12月~ カテゴリの記事一覧

Yahoo seo Google Google seo 2012年12月~ カテゴリの記事一覧です。記事名とエントリーされたアーカイブ年月日を表示しています。

  • 1つの大きなアルゴリズム
    Yahoo seo Googleブログの更新を後回しにして過去に配信したメルマガの整理をしていた。
    これが思いの外、有益な作業であった。
    忘れていた記憶が蘇るのである。
    /アーカイブ:2015年02月
  • オフラインの処理時間と順位変動
    前回記事でGoogleのオフラインとオンライン処理について触れたが、今回はオフライン処理の時間と順位変動について報告しよう。
    Yahoo seo Googleブログの<内部リンク>データが昨日更新されたのであるが、データだけで判断すれば、オフラインでの処理には1ヶ月を要する様である。
    その為、Fetch as Googleを実行したURLはその後最低でも1ヶ月は使用を控えなければならない。
    /アーカイブ:2014年12月
  • ピジョンアップデートとGoogleマップの埋め込み
    Google seoに関する様々な情報は、1つ1つを別個に検討することなく、トータルで検討する必要があるのではないか?
    私の様なウェブ工学に無知な者にとって、個々を独立して深く掘り下げることは不得手であり、寧ろ、素人特有の勘が、ある情報とある情報を記憶の断片で結び付ける。
    Yahoo seo Googleブログは昔からそういった勘を頼りに検証することで記事を重ねたブログである。
    /アーカイブ:2014年09月
  • sslとiframeによる埋め込みをseo的観点で考える
    Googleウェブマスターツールが重くて全く仕事にならない時期があった。
    今にして思えば、著者情報表示を廃止した関係で重たかったのかも知れない。
    Yahoo seo Googleブログの各種データを記録する関係上、中々表示されないデータに対し苛々が募って仕方がなかった。
    /アーカイブ:2014年09月
  • 更新とインデックスの関係
    HTTPSと相対URLについての検証は仮説としてメルマガに書いた。
    それを踏まえ、目下の私の主要検証課題は“更新”とインデックスとの関係である。
    Yahoo seo Googleブログの<構造化データ>が、ある日を境に増加を止めた。
    それは“更新”が原因なのではないかと考えているからだ。
    /アーカイブ:2014年08月
  • HTTPS導入と相対URL使用の謎
    GoogleからHTTPSをランキング シグナルに使用する旨の発表がされた。
    前回記事でも触れたが、導入に伴う影響は1%未満であるが故に、Yahoo!=Google化した検索エンジンに対するseoに大きな変化は必要無いだろうと予測している。
    これはseo以前に顧客対応として、既に導入されているべきものだとも思うからだ。
    /アーカイブ:2014年08月
  • ピジョンアップデートと内部リンクの未更新
    海外seo情報ブログさんがGoogleの新しいseoアルゴリズムであるピジョンアップデートについて記事にしていた。
    ローカル検索における新規のアルゴリズムである様だ。
    Yahoo seo Googleブログのウェブマスターツールに生じた<内部リンク>データの未更新はこれが原因なのであろう。
    /アーカイブ:2014年07月
  • 変動と2つのアルゴリズム アップデート
    Googleの変動が継続中である。
    その最中、2つのアルゴリズム アップデートがアナウンスされた。
    Payday Loans(ペイデイローン) アルゴリズムとパンダアップデート4.0である。
    現時点においては新しく命名されたGoogleのseoアルゴリズムを語るより、一連のアップデートにおける変動の推移を追った方が有益だと思う。
    /アーカイブ:2014年05月
  • バックリンクの重要性に対する補足
    「バックリンクの重要性は既に薄れている?」にコメントを頂いていたことに気付いた。
    「管理者にだけ表示を許可する」にチェックして投稿された為、ログインする迄気付かなかった。
    コメントされた方と同様に感じている方も多いのでは?と思い、自分なりのGoogleのバックリンクの重要性、そしてseo(検索エンジン最適化)について見解を表明しておこう。
    /アーカイブ:2014年05月
  • 複合検索とオーソリティ サイト独占の流れ
    前回記事で「Googleは既にバックリンクの重要性を薄れさせているのではないか?」と書いた。
    現在のアルゴリズムがそれを思わせるキーワード検索結果を表示させていることも、そう感じた原因だ。
    最早以前のYahoo!が表示させた検索結果を記憶している方は少ないだろうが、現在のGoogleはかつてのYahoo!と酷似している。
    所謂、複合検索に対して満足とは程遠い検索結果を表示させているからだ。
    /アーカイブ:2014年05月
  • バックリンクの重要性は既に薄れている?
    SEMリサーチさんの記事「バックリンクの重要性は薄れる」を拝読した。
    Googleのseo対策と言えば誰もが真っ先に指摘するバックリンクの価値が今後は薄れて行くというマット・カッツ氏の言葉を紹介している。
    今後と言いつつ、バックリンクの重要性は既に薄れているのではないか?
    そんな印象を抱いている。
    /アーカイブ:2014年05月
  • サイト単位でリンク先は評価されている?
    Yahoo seo Googleメルマガで有料で伝えている事例だから詳細には触れない。
    だが書いても構わない範囲で書くが、リンクはリンク先ページとリンク元ページだけの関係で成り立っている訳では無い。
    だからGoogleに最適化(seo)するのに内部のリンク要素は大きな役割を担うし、逆に外部からのリンクは上位表示に貢献する役割は小さくなっている場合がある。
    /アーカイブ:2014年05月
  • cssと低品質コンテンツの関係
    Googleがcssやjavascriptへのクロールをブロックしない様推奨していることは、seoに精通している人達からすれば常識的なことだろう。
    こう推奨する理由、特にcssについてであるが、これは何処にコンテンツ部分があるのかを把握する意味で極めて重要なことだからだろうと推測している。
    明るみに出るcssと低品質コンテンツの関係についてエントリーする。
    /アーカイブ:2014年04月
  • ロボットの取扱説明書
    パンダアップデートの修正方法は理解した。
    だが修正と解消は異なり、解消にはGooglebotの往来を待たなければならないというジレンマが付き纏う。
    Googleに任せるべき点、個別に修正すべき点があり、言うなればGoogleからロボットの取扱説明書が提示されていないことが問題を深刻化させる。
    Googleのseo(検索エンジン最適化)とは、ウェブマスターツールとの格闘に他ならない。
    /アーカイブ:2014年03月
  • アンカーテキストが重複させるのか?
    デスクトップ版とフィーチャーフォン版URLの重複を抱えるウェブサイトについては何度もYahoo seo Googleブログで紹介して来た。
    その最適化の過程は遂に終焉を迎えつつある。
    パンダアップデートの重複解消過程で真っ先に変化が生じたウェブマスターツールのデータが<アンカーテキスト>であった。
    アンカーテキストが重複させるのだろうか?
    /アーカイブ:2013年11月
  • cssの重複
    Googleパンダアップデートからのリカバリーに向けて日々検証を継続している。
    Yahoo seo Googleブログも合わせてリカバリー作業を進めているが、ここに来てcssも重複するのだろうか?という疑問が生じた。
    FC2ブログはテンプレートを修正すると、cssのURLがその都度変わってしまうからである。
    /アーカイブ:2013年11月
  • パンダアップデートからのリカバリー
    漸くGoogleのパンダアップデートに対する対処方法が理解出来た。
    件のデスクトップ版とフィーチャーフォン版の重複で悩むウェブサイトが急速に解決に向かっているからだ。
    Googleへの最適化とは、seoに対する知識が逆の効果を齎す場合があるからこそ怖い。
    /アーカイブ:2013年11月
  • 順位ダウンとインデックス削除の関係
    「Google seo」検索における当Yahoo seo Googleブログの順位が落ちている。
    それには明確な原因があり、自らが引き起こした順位ダウンだから何の不思議もない。
    再構築に必要な処置を繰り返してる結果に過ぎない。
    /アーカイブ:2013年10月
  • 検索エンジン最適化スターターガイドは最適化の一例
    被リンクが効果を生まない昨今の上位表示対策において、コンテンツseoの重要性を再認識し、最適化の基本としてGoogleの検索エンジン最適化スターターガイドに立ち帰るウェブマスターも多いのではないか?
    だがこのスターターガイドは初めてウェブサイトを立ち上げる際に読むべきものであり、既存のウェブサイトにおいては逆効果になる可能性もある。
    /アーカイブ:2013年10月
  • 403 Forbiddenではインデックスが消えない?
    Google seoにおける最大の難所はパンダアップデートだと思っている。
    以前から言っている通り、これはseo以前の問題であり、言わばレギュレーションの問題だ。
    アルゴリズムが秘匿されるのは当然としても、レギュレーションが蔑ろにされる点は納得が行かない。
    /アーカイブ:2013年10月
  • ハミングバードへの密かな対策
    前回記事で「Googleハミングバード対策はしなくて良い」と書いた。
    しかし当Yahoo seo Googleブログはハミングバードの影響を若干受けていると思い密かに対策を講じた。
    その顛末を報告しておく。
    /アーカイブ:2013年10月
  • ハミングバード対策はしなくて良い
    Googleにハミングバードという新しいアルゴリズムが導入された件で、それに触れたseo記事が散見される。
    seoブログにとって直近の話題について言及するのは当然だろう。
    だが一般のウェブマスターがハミングバードについて詳しくなる必要は無いと思われる。
    ハミングバードに対しては何ら対策する必要が無いからである。
    /アーカイブ:2013年10月
  • YSTと今のGoogle最適化(seo)を比較してみた
    Googleロボット検索のアルゴリズムの特性の様なものが見えて来た。
    かつてのYahoo! seoと比較してみると面白い。
    Google seoはこの特性を考慮し、限りなく忍耐を要するものと言えるだろう。
    /アーカイブ:2013年09月
  • オリジナリティとはseo以前の問題
    ブログで告知したからか、Yahoo seo Googleメールマガジンに登録される方が増えている。
    Googleの最適化(seo)に熱心なアフィリエイト サイト運営者はそれだけ多いと言うことだろう。
    それも当たり前と言えば当たり前だろう。
    /アーカイブ:2013年09月
  • 最適化(seo)の阻害
    Googleが取得した様々な特許を基にGoogleのアルゴリズムは存在する。
    だからGoogleのアルゴリズムを完全に把握することは難しいと思われる方も多いだろう。
    だがGoogleという検索エンジンに対し最適化(seo)することに較べれば、そのアルゴリズムは難しいとは言えないだろう。
    何故ならGoogleが取得する特許とは2種類に分類されるからである。
    /アーカイブ:2013年09月
  • ホワイト、ブラック、グレーゾーンのseo
    Googleウェブマスターツールに手動ペナルティのお知らせ機能が付いた。
    私の管理サイトには手動対応は1件も確認出来なかったが、だからと言ってペナルティが無いとは言えないだろう。
    Googleへの最適化(seo)において最も厄介なのは手動ではなく自動ペナルティだからだ。
    /アーカイブ:2013年08月
  • サイトマップ保留とseoの関係性
    Yahoo seo Googleを始めとするFC2ブログのサイトマップが、Googleウェブマスターツールで「保留」とされる状態が続いている。
    騒がれていない処を見ると、どうやら無料ブログではFC2ブログだけが「保留」状態なのだろう。
    Google最適化(seo)とサイトマップについて考察してみた。
    /アーカイブ:2013年07月
  • seo上、モバイルサイトは携帯電話だけで表示しよう!
    Yahoo seo Googleメルマガの次回配信を予約完了させた。
    既に10回目の配信。
    書くべき事案がメルマガに集中する為、どうしてもブログの更新がお座成りになってしまう。
    だが実験の検証の為にもこのブログは更新したい。
    難しいのはメルマガに書くべき事とブログで書くべき事の基準が定まらないことだ。
    /アーカイブ:2013年03月
  • seoサクリファイス
    Google seoと言うよりランキング決定のアルゴリズムに関係することが起こった。
    コンサルティングしているウェブサイトの順位がある日を境に下がったのだ。
    定点観測していたのでランクダウン自体は直ぐに気が付いた。
    アクセスしても一見では何処を修正したのか分からなかったが、後日ウェブマスターから連絡を受けて修正して下がった旨を聞いた。
    「そこを修正していたのか…」、聞くまで分からなかった変更ポイントだった。
    /アーカイブ:2013年02月
  • seoアルゴリズムで最も大事な点はテキスト
    Google seoアルゴリズムは変動時だからこそ発見出来るものが多い。
    変動するランキングと、Googleウェブマスターツールのデータはタイムラグこそあれ確実にリンクしているからだ。
    その上で改めて感じるのは、以前のYahoo! seoアルゴリズムとの類似性である。
    アプローチは異なれど目指すものが同一であるからこそ、類似性はある意味、当たり前なのかも知れない。
    /アーカイブ:2012年12月
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google