> Google seo 2012年5月~

Yahoo seo Google Google seo 2012年5月~ カテゴリの記事一覧

Yahoo seo Google Google seo 2012年5月~ カテゴリの記事一覧です。記事名とエントリーされたアーカイブ年月日を表示しています。

  • seoと301リダイレクト、アフィリエイトのリンク
    最近のGoogle seoをウォッチしていて感じるのが301リダイレクトの処理に関することである。
    この301リダイレクトの処理に時間が掛り、それに因る新たな問題がウェブマスターを悩ませる。
    改めてseoと301リダイレクトの関係を考えてみたい。

    /アーカイブ:2012年12月
  • かつてのYahoo!と今のGoogle seoアルゴリズム
    前回記事の終わりに「遅まきながらGoogle seoが以前のYahoo! seoアルゴリズムに近似して来ている事を如実に感じる」と書いた。
    海外seo情報ブログさんにもタイムリーな記事があったので、かつてのYahoo!と今のGoogle seoアルゴリズムについて触れておこう。

    /アーカイブ:2012年12月
  • 日本語seoアルゴリズムとリンク以上の重要性
    「とは」検索で「はとバス」が再度上位表示されているのを先日発見した。
    Googleの日本語検索に再度修正が加えられた様である。
    今後、日本語seoアルゴリズムはリンク以上の重要性を持つことになるだろう。

    /アーカイブ:2012年12月
  • seoアルゴリズムに重要な発リンクの視点
    2回に渡って正しいリンクとリダイレクト方法について語ったが、皆さん、お気付きだろうか?
    ウェブサイトの概要を正しく理解させるには、繋がれると言うことが最も大事なことであり、リンク(繋ぎ)とはウェブページからの発リンクによって繋がれることである。
    Google seoアルゴリズムにおける発リンクの重要性を再認識して貰えたのではなかろうか?

    /アーカイブ:2012年11月
  • seoで上位表示しているサイトはいじるな
    上位表示していたサイトがある日突然ランキングを落とす。
    その原因は上位表示していた要因を理解することなくウェブサイトを弄ってしまうことだ。
    seoで上位表示しているサイトはいじるな!
    リニューアル時に良く見受けられる事例である。

    /アーカイブ:2012年11月
  • 相対的seoスコア
    Google seoアルゴリズムにおいて大事な点とは、結局の処、「基本」と結論付けられる。
    あるジャンルのウェブサイトを作成したなら、そのジャンルに類する情報を豊富にコンテンツ化し、適切なアンカーテキストでサイト内外にリンクすることである。
    検索ユーザーが訪れた際に、そのサイトだけで事が足りる程充実していれば理想的である。

    /アーカイブ:2012年11月
  • 不統一が齎すseoの問題
    一体、何を信じれば良いのだろうか?
    Google seoアルゴリズムが須らく公開されないのは当然だとしても、公式の運営マニュアルは統一されて然るべきである。
    この不統一が新たなseoの問題を誘発し、もしかしたらキーワード検索結果に反映されている可能性すら疑う。

    /アーカイブ:2012年10月
  • グーグルは日本語検索でどうseoアルゴリズムを修正したか?
    とてもタイムリーな記事ではなかろうか?
    前回記事で宿題としていた「seogoogle」検索結果と「yahooseo」検索結果における当ブログの状況について、推論した原因を記事にしようとしていた矢先に、Googleウェブマスター向け公式ブログで「独自コンテンツをより高く評価するために」というタイトルで記事が更新されたからだ。

    /アーカイブ:2012年10月
  • seoアルゴリズムが日本語サイトに対応開始か?
    Googleのリンク否認ツールに耳目が集まっているが、あれ?って思うGoogle seoアルゴリズムの修正点を見付けた。
    時折検索していた「とは」検索の結果に「はとバス」が見当たらなくなったのだ。
    10月に入ってから何度か検索していたので、つい最近の変更だろう。
    このGoogle seoアルゴリズムの変更は日本語サイトには朗報となるのであろうか?

    /アーカイブ:2012年10月
  • seo的リンクは承認制にすべきである
    Googleウェブマスター向け公式ブログに「サイトへの不自然なリンクを否認する新しいツールの提供を開始しました」という記事がエントリーされた。
    以前より予告されていた、スパム認定を受けたリンクを否認するツールである。
    一定の効果は上げられるだろうが、今後においては如何であろうか?
    ネガティブseoなる言葉がある通り、マイナス効果を狙った被リンクを付ける業者が増えれば、Google seoアルゴリズムの自動性が足枷になるからである。

    /アーカイブ:2012年10月
  • seoの問題はコンテンツ増加では解消されない
    Google seoアルゴリズムには頻繁に修正が加わる為、本質を見極めるのには様々な遮蔽物を取り除く必要が有るだろう。
    Google seoと相まって語られるパンダやペンギンアップデートの情報は言わば枝葉であり幹ではない。
    枝葉の情報に幹を見失い、コンテンツばかりを増やしても問題を更に悪化させることがある。
    Yahoo seo Googleブログがその好例である。

    /アーカイブ:2012年10月
  • seoアルゴリズムによる手動、自動のランクダウン
    Google seoアルゴリズムにより順位下落した場合、その多くはアルゴリズムによって自動的にランクダウンしたものと、Googleによって手動でランクダウンさせられたものに2分される。
    Googleが言う処のペナルティとは手動でなされたものを指し、その場合、Googleウェブマスターツールを通じて通知が来るものと理解している。
    アルゴリズムにより自動的にランクダウンした場合、その解決策はGoogleウェブマスターツールに準じて行えば良い。

    /アーカイブ:2012年10月
  • seo成功の秘訣
    最近、記事にしようと思い付くことは、大抵が以前に書いたことをより掘り下げた内容であることに気付く。
    つまりGoogle seoアルゴリズムについて、今まで全く気付いていなかった様な真新しい発見は無いという事だ。
    Google seoアルゴリズムはそれだけシンプルであり、そのシンプルな本質はかつてのYahoo!と通ずる。

    /アーカイブ:2012年09月
  • seoにおける発リンクと被リンク
    ウェブサイトに新しいページを追加した際、そのウェブページはGoogleウェブマスターツール<内部リンク>データに加わる。
    加わった新しいウェブページをクリックして表示されるのは、そのページのバックリンクであり、発リンクしているURLである。
    だがその新しいウェブページが他のページのバックリンクに即座に加わって表示されるかと言えば、そうとは限らない。
    リンク主体のアルゴリズムであるGoogle seoアルゴリズムを発リンクと被リンクの関係で語ってみよう。

    /アーカイブ:2012年09月
  • seoアルゴリズムによる乱高下
    昨日の記事で書き忘れたことがあったので追加でエントリーします。
    リンクによりキーワード検索結果に変化が生じる可能性があるからです。
    Google seoアルゴリズムによって順位が乱高下する原因かも知れません。

    /アーカイブ:2012年09月
  • seoにおけるリンク無効のエラー
    中々ブログが更新出来なかった。
    書いてはいたのだが書き終える間に更に新たな発見があり、そちらに興味を奪われる始末だった。
    Google seoアルゴリズムはウェブマスターツールにこそ発見がある。

    /アーカイブ:2012年09月
  • ランキングに影響するseoリダイレクト
    Google seoにおいて何より大事な点は初歩的な対策を疎かにしないことである。
    特にリンクを中心としたアルゴリズムであるから、頗るそれが最も大事になる。
    Google seoとは何よりも整合性が求められる。

    /アーカイブ:2012年09月
  • seoとリンクの輪
    以前のYahoo! seoアルゴリズムがシンプルであったと同様に、Googleも複雑さの影に隠れてその本質は極めてシンプルな様に思われる。
    リンク主体のアルゴリズムである点は間違えない処だが問題はリンクの質にある。
    具体的にはリンク元が重要であり、URLの重複もこのリンクの問題が解消されなければならない。
    それもリンクの輪によって繋がれたリンク全てがseo上の問題を解消されなければならない。

    /アーカイブ:2012年09月
  • seo(最適化)すべきはグーグルである!
    Google seoアルゴリズムによって順位が振るわないのであれば諦めが付く。
    アルゴリズムとはGoogleの不具合を発見し、それに対処することとは異なるからだ。
    Yahoo!に不具合がなかったことは、企業の誠実さとして評価出来る。
    しかしGoogleは誠実さで大きく劣ると思わざるを得ない。

    /アーカイブ:2012年07月
  • ガラパゴスseo
    Googleについて、どうにも書く気が起こらない。
    その原因はseoアルゴリズム以前の問題について、本来ならGoogle日本社が誠意を持って伝えるべきことだろうに、何らその気配が無いからだ。
    日本はGoogleから見ればガラパゴス諸島そのものだ。
    Yahoo! JAPANがYSTに日本独自の仕様を施したのとは対照的に、Googleは何も対応はしない。
    seo以前の、言うなればガラパゴスseoの問題に苦しまされているウェブマスターは多いのではなかろうか?

    /アーカイブ:2012年07月
  • グーグル無理!のseoアルゴリズム
    Googleに対する嫌悪感からブログを更新する気になれなかった。
    未更新の恩恵は新規記事のインデックス作業にクロールを消費されること無く当Yahoo seo Googleブログのリコンストラクションが進んだことだろう。
    「Yahoo seo」で4位に、そして「Google seo」で6位である。
    だがこの記事のエントリーと同時にフレッシュネス(記事の新鮮度)とリコンストラクションの影響で順位は変動するだろう。
    特に「Google seo」においては、より顕著に。

    /アーカイブ:2012年06月
  • リンクとseo
    Yahoo seo Googleブログの最適化を見守る為にブログの更新は控えて来た。
    だが、書くという行為を疎かにすると、いかんせん、seoアルゴリズムに対する意識が遠退いてしまう。
    怠惰であれば即座に最新のseoアルゴリズムに疎くなることだろう。
    検索エンジンを利用してビジネスを行う者にとって、seoアルゴリズムに対する怠惰は衰退を招く決定的な要因となることだろう。

    /アーカイブ:2012年06月
  • seoアルゴリズムによるタイトル タグの書き替えと重複コンテンツ
    新規記事の更新を止め、GooglebotのクロールによってYahoo seo Googleブログがどの様に変化するかをウォッチしていた。
    今日も余り更新する気は無かったのだが、書かないと永遠に書かない気がするので無理やりネタを見つけて更新する。
    Google seoアルゴリズムによるタイトル タグの書き替えと重複コンテンツに関してエントリーする。

    /アーカイブ:2012年05月
  • seoとURLの唯一無二
    FC2ブログの変数を利用して、Googleウェブマスターツールの<最適化>項目で指摘された部分を修正している。
    だが変数を使って修正出来ることにも限界があり、無料ブログ故の試練を受けていると言えよう。
    Yahoo Seo Googleブログの最適化の過程で感じた、Google seoアルゴリズムについてエントリーする。

    /アーカイブ:2012年05月
  • seoの基本はPCサイト
    暫くブログを更新していなかったのは、放置していたこのYahoo seo Googleブログの最適化を試みたからである。
    放置して来た理由は、実は実験からでも何でも無く、ただの怠惰からである。
    しかしGoogleがウェブスパムのseoアルゴリズムを強化させて、放置した最適化を修正する必要を感じた。
    その前提にはGoogle seoアルゴリズムの基本はPCサイトであることも関係している。

    /アーカイブ:2012年05月
  • seoとcanonical、重複コンテンツとキーワード
    「seo上、モバイルサイトは携帯電話だけで表示させるべきか?」の記事に引き続き、デスクトップ版、フィーチャーフォン版、スマートフォン版サイトの重複コンテンツ問題に関して、“canonical”タグとコンテンツ キーワードを絡めてエントリーしよう。
    /アーカイブ:2012年05月
  • seo上、モバイルサイトは携帯電話だけで表示させるべきか?
    Googleウェブマスターツールにおけるモバイルサイトのサイトマップに関し、海外seo情報ブログさんがとてもタイムリーな記事をエントリーしてくれた。
    齎された情報を基に再度Google seoアルゴリズムを整理して考えて行きたいと思う。

    /アーカイブ:2012年05月
  • seoはトラフィック空間に存在する
    Googleウェブマスターツールがリニューアルされた。
    不思議なもので、普段見慣れた風景も突然変われば以前の風景は忘却の彼方になってしまう。
    Yahoo! seoアルゴリズム検証に必要不可欠だったのがYahoo! Site ExplorerだったとすればGoogleにとってはウェブマスターツールこそ必須なもの。
    ウェブマスターツールの変化にGoogle seoアルゴリズムの一端が見え隠れしている。

    /アーカイブ:2012年05月
  • seoアルゴリズムとは価値観
    「変動で分かるseoアルゴリズム」で紹介した、デスクトップ版とフィーチャーフォン版の重複サイトの件でエントリーしよう。
    あのサイトは今もデスクトップ版とフィーチャーフォン版の関係をGoogleに把握されていない。
    Yahoo!=Google化したデスクトップ版検索において、日によって順位は上下動している。

    /アーカイブ:2012年05月
  • seo対策の終焉
    Googleがウェブスパムを排除するseoアルゴリズムを適用させて以降始まった変動は、ほぼ落ち着いたという印象を抱いている。
    これによりYahoo!=Google化したキーワード検索結果は改善されたのであろうか?
    一般ユーザーの視点で検索してみると、キーワード単体の検索結果に不満は感じぬが、複合検索においては以前のキーワード検索結果の方が適切であったという印象を抱いた。
    相応しい結果が得られない為、seoの検証目的以外で久し振りにBingを使用した位である。

    /アーカイブ:2012年05月
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google