> Google seo 2011年12月~

Google seo 2011年12月~ カテゴリの記事一覧

Yahoo seo Google Google seo 2011年12月~ カテゴリの記事一覧です。記事名とエントリーされたアーカイブ年月日を表示しています。

  • 変動で分かるseoアルゴリズム
    Googleがウェブスパムのseoアルゴリズムを適用させて、それによる変動は未だ継続中である。
    しかし、この変動時こそseoアルゴリズムの本質が大きく顔を覗かせる時でもある。
    Yahoo!と異なるGoogleのコンテンツの捉え方は実に興味深い。

    /アーカイブ:2012年05月
  • ウェブスパムのseoアルゴリズム
    Googleにウェブスパムを狙い撃ちしたアルゴリズムが加わった模様だ。
    コンサルティングしているサイトと、無関係の別サイトが大きく順位を下げ、その共通点がハッキリしていたのでポイントが理解出来た。
    ウェブスパムのseoアルゴリズムについて報告しよう。

    /アーカイブ:2012年04月
  • nofollowタグのseo効果
    定点観測していると、キーワードによりランキングが大きく乱高下するサイトを見掛ける。
    Google seoアルゴリズムが修正されて乱高下していると言うより、アルゴリズムそのものに因り乱高下している様だ。
    Yahoo seo Googleブログが「Google seo」検索で1ページ目に位置している理由も、どうやらそれが原因であろう。

    /アーカイブ:2012年04月
  • seoと不自然なリンク
    他のseo関連ブログを読んでいると、未だGoogleウェブマスターツールを通じて不自然なリンクの警告のメッセージが届いている様だ。
    Yahoo seo Googleブログを始め、私の管理サイトには届いていない。
    だが定点観測しているキーワード検索では、届いても不思議ではないのに届いた様子が全く見受けられないウェブサイトもある。
    ドンと居座りランキングが微動だにしないのである。
    自然なリンクと不自然なリンクを考察してみた。

    /アーカイブ:2012年04月
  • 日本語seoの問題と1語のキーワードの難しさ
    2日続けて記事をエントリーするのには理由がある。
    Yahoo seo Googleブログはseoアルゴリズムの日々の検証結果を綴ることと同様に実験の側面を持つブログである。
    先日の記事をエントリーした直後、FC2による不具合で表示されないという状態が生まれ、目下の検証中の実験が不成功に終わった。
    実験ブログとはいえ、書いてある内容に嘘は無いのだが…。

    /アーカイブ:2012年04月
  • seoとは検索エンジン最適化の略称ではないのか?
    画像の最適化に触れた「コンテンツに過剰seoは存在しない」を記事にした途端、素早く最適化に着手なさる方もいる様だ。
    画像に関する情報を求める方が多数見られる。
    当ブログでは画像は数える程しか使用していないし、画像に関する記事は以前のYahoo! seoアルゴリズムに関するものが殆どである。
    Googleの画像に関する記事は先日の記事が初めてではないだろうか?

    /アーカイブ:2012年04月
  • コンテンツに過剰seoは存在しない
    Google seoアルゴリズムの改善により、コンテンツの重要性を説くseoブログが多くなったのは好ましい事態だ。
    「過剰seoサイトにはペナルティ」となり、最早被リンク対策は通用しないということを多くのウェブマスターが共有する手助けとなるだろうからだ。
    だが、過剰seoがペナルティとなる背景には、seo=被リンク対策という前提がある。
    Yahoo seo Googleブログではseo=被リンク対策という前提を否定する為に継続して来たと言っても過言では無い。
    コンテンツを最適化することに過剰など無いからである。

    /アーカイブ:2012年04月
  • seoアルゴリズムはネットビジネスを崩壊させるのか?
    Google seo「春の乱」の様相である。
    「過剰seoサイトにはペナルティ」とは、seo(検索エンジン最適化)はされていないが、素晴らしいコンテンツは同条件にしようという内容であったが、現段階ではペナルティと呼んでも良いかの様な様相である。
    巨大掲示板では「かつてのYSTの様だ」という書き込みがあったが、それは真実に近い気がする。
    Yahoo!がそうした様に、Googleもseoアルゴリズムに発リンクの要素を大きく加えた様である。

    /アーカイブ:2012年04月
  • ウェブマスターツールで見つけるseo
    seoとは検索エンジン最適化の略称であり、Google seoとはGoogleのレギュレーションに沿ったサイトを作成することでアルゴリズムの適用に齟齬を生じさせないことである。
    その為に出来ることはウェブマスターツールを利用し、Googleから提供されるデータからレギュレーションに沿っていない問題を見つけ出すことが先決であろう。
    「Yahoo!にはウェブマスターツールは無いのか」と検索してアクセスされたユーザーが昨日いたが、未だYahoo!=Google化の件をご存じないのであろうか?
    問題を見つけ出すにも知識が必要なのであろうか?

    /アーカイブ:2012年03月
  • seoアルゴリズムの限界
    被リンクをアルゴリズムの中心に据えて登場した検索エンジンであるGoogleは、言わば性善説に依拠した検索エンジンであった。
    リンクとは投票であり、善意に基づきリンクされると想定されていた。
    だが上位表示されることがビジネス上の大きなメリットになった時、それを可能にさせるビジネスもまた生まれた。
    Yahoo! seoアルゴリズムが同じ道を辿った様にGoogleのリンクを主としたseoアルゴリズムも限界を迎えているのではないか?

    /アーカイブ:2012年03月
  • seo対策は変わるのか?~検索システム改良記事を読んで
    ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた、Googleの検索システム改良の記事を興味深く読んだ。
    Google seoアルゴリズムは大きく変貌し、求められる対策に変化が生じるのであろうか?
    seo対策に変化が生じるとは思えない。
    寧ろ、真っ当なseo対策をして来た人には最適化はより容易になるのではないかと推測している。
    Yahoo! seoアルゴリズムが大きく変貌しTDP(トップページダウンペナルティ)が生じた様に、真っ当ではない対策をする方は新種のGoogle TDPに遭遇する可能性もあるのではないだろうか?

    /アーカイブ:2012年03月
  • seoの重要ポイントは全てウェブマスターツールで提供されている
    晴練雨読さんの「Yahoo!とGoogleの検索順位変動の異常値ウォッチャの記録」を見ると、2012年3月14日01時に異常値が認められていた。
    定点観測では変動は余り感じられ無かったので、アルゴリズムの修正と言うよりインデックスの更新が行われたと見るべきだろう。
    Yahoo! Weather Report時のようなダイナミズムはないが、Googleにおいても時にダイナミックな変動を感じさせるものがある。
    Google seoに欠かせないウェブマスターツールのデータである。

    /アーカイブ:2012年03月
  • seoとは、してはいけない事をしない事
    先日来調査を継続しているウェブサイトについての続報はない。
    問題となった相互リンクのオーソリティページのインデックスが改まっていないからである。
    Google seoアルゴリズムにより、インデックスが改まることでどの様な変化が生じるのか?
    推測では大した変化は生じないであろう。
    それは、期待した通りに順位を大幅に上げたウェブサイトの存在があるからである。

    /アーカイブ:2012年02月
  • seoアルゴリズムで吹っ飛んだサイト、戻りつつあるサイト
    最近のGoogle変動は、ウオッチしていて実に興味深い。
    seoや、そのアルゴリズムについて書きたいという衝動を抑え切れない。
    晴練雨読さんの「検索順位変動の異常値ウォッチャの記録」にある2012年2月22日午前4時の異常値を境に、圏外に吹っ飛んだサイト、戻りつつあるサイトについて報告しよう。
    Yahoo! seoとの関連が実に興味深い。

    /アーカイブ:2012年02月
  • seoを把握するためにも実に貴重なエントリー
    seo(検索エンジン最適化)を本業としない私であるが、是非ともお読み頂きたい記事を見付けた。
    Google seoアルゴリズムを正しく理解する上で実に貴重な記事であるからだ。

    /アーカイブ:2012年02月
  • グーグルアナリティクスとseo
    Google seoアルゴリズムの本質は以前のYahoo! seoと異なり、リンクにある。
    だがそれを理解していながらGoogleアナリティクスを導入しないウェブマスターもいる様だ。
    リンクには目に見えるリンクと、見えないリンクが存在する。
    グーグルアナリティクスで見えないリンクを把握させることが可能である。

    /アーカイブ:2012年02月
  • seoとキーワード近接度
    検索エンジンは検索されたキーワードに関連性が深いウェブサイト順に結果を表示する。
    だからこそコンテンツで最も必要なマークアップとは、関連するキーワード同士を密接に記述することが必要なのではなかろうか?
    この原則に、かつてのYahoo! seoアルゴリズムは従順であった。
    Google seoアルゴリズムは?
    実はGoogleも同じではないかと思っている。

    /アーカイブ:2012年02月
  • サイトチェックとデータ照会
    Googleの小刻みな変動は一向に止む気配を見せていない。
    Google seoアルゴリズムに修正が加えられているだろうことが原因の1つであろうが、それ以上に大きな原因はスパム摘発を目的としたローラー作戦が実行されているからだろう。
    ある定点観測キーワードで、2つのサイトが同時に大きなランクダウンを発生させていた。

    /アーカイブ:2012年02月
  • seoアルゴリズム検証で得たカギ
    最近のGoogleキーワード検索結果は、アルゴリズム検証には些か不都合な小刻みな変動を繰り返している。
    Google のプライオリティは日本語に存しない訳だから、英語圏のアルゴリズム修正が日本語サイトに有り得ない影響を与えることが関係しているのではないか?
    Yahoo! seoアルゴリズムは被リンクに依存していなかった分、影響は皆無に等しかった。

    /アーカイブ:2012年02月
  • seoに掛る時間
    Google seoアルゴリズムの性質から、ウェブサイトが最適化される迄にかなりな時間を要する。
    Yahoo! seoがWeather Reportの報告後にアメリカ流のダイナミックな変動を見せたことと比較すれば、Googleは実に日本的である。
    「前例を踏襲して…」
    この場合の前例とは、直前のサイト概要である。

    /アーカイブ:2012年02月
  • seoと文字コード
    平仮名(ひらがな)検索での調査を継続していた。
    カタカナ検索の調査に移行する前に、面白い現象を目の当たりにしたからだ。
    Yahoo!では想像したことすら無かった。
    Google seoアルゴリズムの文字コードに関わる調査を継続していた。

    /アーカイブ:2012年01月
  • 平仮名検索で分かるseoアルゴリズム
    Google seoアルゴリズムにおける日本語解析を調査していた。
    今回は平仮名(ひらがな)を中心に調べていた。
    かつてのYahoo!でも、ここ迄は調べなかった。
    ここで理解出来たのがキーワード近接度によるGoogle seoアルゴリズムである。

    /アーカイブ:2012年01月
  • seoスパムもしくはガイドライン違反?
    ちょうど1週間程前、定点観測しているウェブサイトのランキングが急落した。
    2012年1月11日に確認されたGoogle変動の余波が襲ったのかも知れない。
    Google seoアルゴリズムの検証は同様に急落した別サイトと比較し、類似点を把握することが最良である。
    Yahoo! seoアルゴリズム検証の際も同様に検証していた。

    /アーカイブ:2012年01月
  • seoと単語認知能力を意識する!
    海外seo情報ブログさんに「Googleがtitleタグを修正する原因が明らかになった」と題した記事がエントリーされた。
    当然の如く、この記事で紹介されている原因でタイトル タグが書き替えられたサイトもあるだろう。
    だが知りうる範囲で言えば、日本語サイトにおけるタイトル タグの書き替えは、紹介されたものが直接的な原因では無いだろう。

    /アーカイブ:2012年01月
  • seoアルゴリズムの間違え
    今迄Google seoアルゴリズムについて書いて来たことで、これは間違えであると思う点を列挙しておこうと思う。
    Google seoアルゴリズムは恐ろしい程日本語には無頓着で、間違った記事内容で方向を見失うウェブマスターに申し訳ないと思うからだ。

    /アーカイブ:2012年01月
  • seoスコアとタイトルタグの書き替え
    定点観測しているキーワード検索結果に若干の変動が見られた。
    即座に晴練雨読さんの「Yahoo!とGoogleの検索順位変動の異常値ウォッチャの記録」を見ると、異常値が表示されていた。
    Google seoアルゴリズム検証に相応しい、貴重なキーワード検索結果に出会うことが出来た。

    /アーカイブ:2012年01月
  • TDPと最良のGoogle seo対策
    年末年始に掛けて、Yahoo seo Googleブログへのアクセス キーワードに「TDP Google」が目立って増えて来ている。
    Google seoアルゴリズムに今程精通していない時は、何故TDPがGoogleに起きるのか不思議で仕方が無かった。

    /アーカイブ:2012年01月
  • 海外のseo情報は鵜呑みに出来ない!
    かつてのYahoo!が克服していた問題をGoogleは未だ克服していない。
    それこそ日本語解釈の問題である。
    この問題が解決されない限り、海外のseo情報は鵜呑みに出来ない!のである。

    /アーカイブ:2011年12月
  • seoで吹っ飛んだサイト
    Googleの変動で定点観測していたサイトが吹っ飛んでいた。
    順位は未だ発見出来ない程のランクダウンである。
    seo対策をして圏外に吹っ飛んだという意味の記事タイトルでは無い。
    seoのキーワード検索で上位表示していたサイトが吹っ飛んだのである。

    /アーカイブ:2011年12月
  • 転用可能なseoオーソリティ
    Google seoアルゴリズムのプライオリティはリンクにある。
    本日の定点観測における変動でも、それは顕著である。
    オーソリティサイト優遇のアルゴリズムと言われているGoogleであるが、それは転用可能である。
    オーソリティサイトを作成すれば良いからである。

    /アーカイブ:2011年12月
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google