> Google seo 2011年8月~

Yahoo seo Google Google seo 2011年8月~ カテゴリの記事一覧

Yahoo seo Google Google seo 2011年8月~ カテゴリの記事一覧です。記事名とエントリーされたアーカイブ年月日を表示しています。

  • ドメインとサブドメイン、seoスパムの抑止力
    晴練雨読さんの「Yahoo!とGoogleの検索順位変動の異常値ウォッチャの記録」を見ていると、2011年12月9日00時に異常値を示したことが報告されている。
    この変動が起こる前より、Google seoアルゴリズムの細部、特にドメインとサブドメインの関係性に着目して検証を続けていた。
    だからか、この変動でドメインとサブドメインの関係性が垣間見れて、大変興味深かった。

    /アーカイブ:2011年12月
  • モバイル変換に見えるGoogle seo
    Google seoアルゴリズムの、特に細部に拘って検証を継続していた。
    以前のYahoo! seoアルゴリズムが大胆にして繊細であったのと比較すればGoogleは正反対である。
    繊細にして大胆…。
    しかしこの繊細さが逆にGoogleのseoを難しくしていると言えるだろう。

    /アーカイブ:2011年12月
  • seo関連HIT件数の変化とアルゴリズム
    Google seoに関する顕著な変化が見出だせない今日この頃、専ら私は細部に拘って検証を行っている。
    外部ドメインからの被リンクは、誰が見ても大きな要因だろう。
    だがYahoo!のTDP(トップページダウンペナルティ)を起こすアルゴリズムを発見した時と同様、seoアルゴリズムは細部にこそ本質が隠されている。

    /アーカイブ:2011年11月
  • PageRankとseo以前の問題
    Google seoの特長はPageRankに象徴される外的な要因であると、ほぼ誰もが認識していることだろう。
    だが個人的な見解を述べれば、それは真逆なのではないかと考えている。
    Yahoo!にはハッキリと分かる様なPageRankは存在しなかった。
    GoogleのPageRankが意味するものについてエントリーする。

    /アーカイブ:2011年11月
  • グーグルseoアルゴリズム10の変更
    タイトル書き替えの件であるが、先日の記事「seoとDNAオリジナリティ」で“タイトル書き替えは修正出来た”と結論するのは早計である様だ。
    海外seo情報ブログさんにGoogle seoアルゴリズムの修正点に関する新規記事がエントリーされており、タイトル タグの書き替えを齎すアルゴリズムに修正が加わったことが報告されているからだ。

    /アーカイブ:2011年11月
  • seoとDNAオリジナリティ
    Gogle seoアルゴリズムに因るタイトル書き替え問題を抱えるサイトのウェブマスターから、漸くトップページのタイトル書き替えが解消されたと連絡があった。
    Yahoo!=Google化した検索結果で私も確認した。
    このタイトル書き替えでご相談に応じているサイトは2つあり、その1つが解消されたことになる。
    解消の方法は同じであることから、直にもう1サイトもタイトルは元に戻ると思っている。

    /アーカイブ:2011年11月
  • リンクとseoを巡る問題
    今朝、Googleウェブマスターツールをチェックしていたら、またしても意味不明なURLが<クロール エラー>に表示されていた。
    Google seoアルゴリズムにおいて、URLはテキストと同様の扱いであるから、これ自体は不思議でも何でも無い。
    だけど、このテキストと、URLをクロールする際に使用される<a herf="~">とnofollowはどんな意味を持つのだろうか?

    /アーカイブ:2011年10月
  • seoスパムほど割が合わないものはない
    Yahoo seo Googleブログも記事ネタに困る時が来た様だ。
    書くことが無い訳では無く、記事にすることに躊躇するケースが多々生じて来たからだ。
    だが、これだけは書いておこう。
    Google seoにおいて、スパムほど割が合わないことは無いと言うことを。

    /アーカイブ:2011年10月
  • サブページのseoこそ最も注力するべき事項
    seo対策するウェブマスターにとって、最も重要視しているページはドメイン トップページであろう。
    以前は私もそうであったが、今は違う。
    以前のYahoo! seoアルゴリズムで最も重要視していたのが階層であり、現在のGoogle seoアルゴリズムにおいては階層も含めたサブページを重要視している。
    端的に言えばドメイン下のサブページがseo(検索エンジン最適化)されているからこそ、ドメイン トップが輝く訳だからである。

    /アーカイブ:2011年10月
  • リンクの純度を量るseoアルゴリズム
    Google seoアルゴリズムによるタイトル書き替え問題、その原因はハッキリした。
    問題への対処を施したサイトのタイトルが急速に本来のタイトルに改まって来ているからだ。
    仮にタイトルの書き替えが発生していないサイトでも、かつてのYahoo!では上位表示されていながら、Googleになってからは駄目だというサイトは同じ問題が原因である可能性もある。
    seoとは問題が発生しそれに対処することだとすれば、問題自体を認識していなければseoを始めることすら出来ないと言えるだろう。

    /アーカイブ:2011年10月
  • seo的内部リンクと現実的外部リンク
    本日2011年10月15日現在、「Google seo」検索結果でYahoo seo Googleブログは6位。
    そして「Yahoo seo」検索でも6位に表示される。
    「Google seo」検索結果はつい先日のランクアップだったので、確定した順位とは断定し難い。
    ではあるが、「Yahoo seo」「Google seo」検索で共に、ブログのトップページを1ページ目に表示させることに成功したので、仮とは言え、喜ばしいことではある。

    /アーカイブ:2011年10月
  • seoは始まってすらいない
    その昔、seoなる言葉を知って、“Yahoo seo”“Google seo”のテキストが躍る、検索エンジン最適化に関する書籍を購入した。
    しかしその本には、seoに関してwwwありとwwwなしを統一するなんてことは一切書かれていなかった。
    このURLの統一に関して情報を探し、辿り着いたseo塾さんのブログには「seo対策以前の問題」と書かれていたと記憶する。
    Yahoo!でも苦労した、そして同じ苦労をGoogleでもしている。
    「seoは終わった」の前に「seoは始まってすらいない」と思わざるを得ない。

    /アーカイブ:2011年10月
  • seoとはコンテンツを適正なアンカーテキストで繋ぐこと
    Google seoアルゴリズムとは以前のYahoo! seoアルゴリズムと異なり、リンクが決定打を施す。
    それは最終段階の決定打と言うべきものであり、先ずコンテンツがあり、そのコンテンツと別のコンテンツを適正なアンカーテキストで繋ぐことで決定される。
    しかしそのリンクの最終段階においてミスを起こすと決定打は思わぬ誤解を生じさせる。
    繋がれないリンクとはGoogle seo上、大きな欠損なのである。

    /アーカイブ:2011年10月
  • クローラーとエラーの詳細
    Googleウェブマスターツール<クロール エラー>の項目に実に奇妙なURLを見付けた。
    Googleに新しいアルゴリズムが加わり、それに伴ってGooglebotのクロールに変化が生じるのであろうか?
    Yahoo! seoアルゴリズムでは有り得なかった、そのクロールが招く思わぬエラーについて紹介する。

    /アーカイブ:2011年10月
  • 画像のseoアルゴリズム、ヤフーとグーグルの相違
    商用サイトの修正を行っていた。
    作業を進めながら再認識したのは、かつてのYSTとGoogleのseoアルゴリズムにおける画像の扱い方の相違である。
    Yahoo!は画像のalt属性に記述したテキストをインデックスしなかった。
    ではGoogleはどうなのか?

    /アーカイブ:2011年09月
  • タイトル書き替えGoogle seoアルゴリズムの修正
    2011年9月23日辺りからGoogleによるタイトル書き替えが収束しつつある。
    書き替えられたタイトルが、タイトル タグに記載された正規のテキストで表示される様になって来ている。
    Google seoアルゴリズムに修正が加わったのだろう。
    Yahoo!のWeather Reportを思い出しながら、修正されただろうGoogle seoアルゴリズムを推測してみよう。

    /アーカイブ:2011年09月
  • グーグルのseoとは内部最適化
    Googleによりタイトルを付与され上位表示しているサイトを徹底的に検証していた。
    Yahoo! JAPANがGoogle検索エンジンを採用したことの恩恵の1つが、Yahoo!のドメイン内検索の結果が容易に見られる様になったことであり、件のサイトもそうだが、自らの商用サイトのドメイン内検索結果と比較しても、Googleのseoは内部要因重視のアルゴリズムである。

    /アーカイブ:2011年09月
  • アンカーテキストのseo効果は最初のリンクだけ?
    タイトル タグにテキスト記述が無くても上位表示しているサイトの司法解剖を継続している。
    しかし最近、このタイトル タグに記載が無いサイトを上位表示させるGoogle seoアルゴリズムって何だ?という素朴な疑問に襲われている。

    /アーカイブ:2011年09月
  • 評価対象とするのは最初のリンク?フッターリンク?
    前回記事に引き続き、タイトル タグにテキスト記述が無くてもGoogle seoアルゴリズムによりタイトルを付与され上位表示しているサイトの検証結果である。
    今回浮かび上がったのは評価対象とするリンクである。
    評価対象とするのはウェブページに記述された最初のリンクなのか?
    それともフッターのリンクなのだろうか?

    /アーカイブ:2011年09月
  • タイトルが無くても上位表示
    Google seoアルゴリズムによるタイトル書き替えについて先日来記事を重ねて来たが、本日はタイトルの記述が無くても上位表示されている例を紹介しよう。
    問題のウェブページにはタイトル タグに一切のテキスト記述が無い。
    にも関わらず、Googleによりタイトルを与えられ、そして上位表示されているのだ。

    /アーカイブ:2011年09月
  • コンテンツとクリック率におけるseo
    最近のGoogleは少し怖い。
    今迄は比較的寛容であったサイト内要因に対し厳しく、seoアルゴリズムを強化していると感じているからだ。
    かつてのYahoo! seoアルゴリズムもAltavistaを主エンジンに据えた時にはそれにより順位ダウンしたサイトも多数あったが、それに近い変動がGoogleにも見受けられる。
    それだけGoogle seoアルゴリズムが内部要因に重きを置き始めたと言うことが出来るのかも知れない…。

    /アーカイブ:2011年09月
  • グーグルによるタイトル書き替えはseo的には吉報
    Googleによるタイトルの書き替えが問題になっているが、書き替え行為そのものには著作権上の問題から断固支持出来ない。
    しかしキーワード検索におけるランキングアップを目的とするseoに対しては、吉報と言えるだろう。
    何故なら、タイトルの書き替えはGoogle seoにおけるウェブサイトの修正点を教えるものであるからだ。

    /アーカイブ:2011年09月
  • タイトル書き替えはリンクに関連している
    Googleによるタイトルの書き替えを不満を抱くウェブマスターは多い。
    それは当たり前で、タイトルのテキストはユーザーのアクセスを誘う為に知恵を振り絞った末のものなのだからだ。
    「やはりYahoo! seoアルゴリズムの方が良かった」と考えるウェブマスターもいるだろう。
    ランキングのseoアルゴリズムが如何に難解でも、タイトルの書き替えまでYahoo!はしなかったからだ。

    /アーカイブ:2011年09月
  • 相対性という名のGoogle seo
    Google seoアルゴリズムの鍵は相対性だ。
    そう断言出来るのは、拍子抜けする程あっけなく「とは」検索で「半陰陽 - Wikipedia」が1位表示される原因が分かったからだ。
    何気なく点けたテレビで「IS[アイエス]~男でも女でもない性~」の番組宣伝を見た。
    かつてのYahoo! seoアルゴリズムにも導入されていたのに、これを見落とすとは…。

    /アーカイブ:2011年09月
  • タイトル書き替えとグーグルseo
    Google seoアルゴリズムが引き起こすタイトル書き替えの問題についてエントリーする。
    昨日、コンサルティングしているサイトのウェブマスターから「Googleにタイトルを書き替えられた」との連絡を貰った。
    ハッキリ分かったのは、これを引き起こす原因は何種類か存在しており、seoにマイナス効果を齎す場合とそうではない場合がある様である。

    /アーカイブ:2011年09月
  • ドメイン・サブドメイン・リダイレクトのGoogle seo
    Google seoアルゴリズムについて、ここ数日、包括的な見地から考えてみた。
    その発端になったのは「seoの新対策法?302リダイレクト」の記事で紹介したサイト例である。
    そもそもwww付きのURLでキーワード検索結果に表示されていたサイトが何故wwwのないバージョンで表示され始めたのか?
    それを考えるに、辿り着くのはドメインとサブドメイン、そしてそれに関するGoogle seoアルゴリズムなのである。

    /アーカイブ:2011年08月
  • インデックスに掛る時間とseo
    頻繁に感じることだが、Google seo(最適化)にはやたら時間が掛る。
    それはGoogleが複雑なアルゴリズムであると同時に、Googleがサイト本来の相応しい姿を見つけ出そうとクロールしていることも関係している。

    /アーカイブ:2011年08月
  • seoの新対策法?302リダイレクト
    お盆休みの間もGoogleの変動は休むことなく継続されている。
    かつてのYahoo!がWeather Reportに伴って大きく順位変動を引き起こすも暫くはその順位が固定されていたのと較べれば、Google seoアルゴリズムはウェブマスターに一時の休息を与えない。
    ウェブの世界は絶えず動き、Googleはその動きを逐一追っていることがその原因であろう。
    その最中、久しく観測を怠っていたキーワードで面白いキーワード検索結果に遭遇したので紹介しよう。

    /アーカイブ:2011年08月
  • アンカーテキストの順列とGoogle seo
    停滞している感があったGoogleのキーワード検索結果に動きがあった。
    変動は何度も確認していたが、新しいデータが加味されての変動と言うより、既存データのみでアルゴリズムの調整を行った結果であった様に感じられる。

    /アーカイブ:2011年08月
  • タイトル タグの重要性とGoogle seoアルゴリズム
    Googleはソースに記述された<title>タグ内のテキストを無視して、全く異なるタイトルに書き替えて表示する。
    そこにはGoogle seoアルゴリズムの大きな謎が隠されており、密かに調査は継続していた。

    /アーカイブ:2011年08月
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google