> Googleウェブマスターツールとseo

Yahoo seo Google Googleウェブマスターツールとseo カテゴリの記事一覧

Yahoo seo Google Googleウェブマスターツールとseo カテゴリの記事一覧です。記事名とエントリーされたアーカイブ年月日を表示しています。

  • <URL パラメータ>をリセットしてみた
    Search Consoleに登録したYahoo seo Googleブログの<URL パラメータ>をリセットしてみた。
    <URL パラメータ>の設定に対し、Googleが強い注意喚起をしている為、一旦リセットして全てをやり直してみたいと思ったからである。
    そうしなければ本当の事実なんて理解出来ないだろうからだ。

    /アーカイブ:2015年12月
  • Fetch as Googleの週あたりのリクエスト制限
    Yahoo seo GoogleのURLをFetch as Googleで送信していた際、以前にはなかったリクエスト制限に遭遇した。
    「リクエストが拒否されました。理由: リクエスト数が週あたりの制限を超えています。数日後にもう一度お試しください。」
    月間数に加えて週あたりのリクエスト制限が設けられたようだ。

    /アーカイブ:2015年08月
  • 2つのインデックス データの相違
    Googleウェブマスターツールには2つのインデックス数に関するデータが表示される。
    1つが<クロール>の項目に、サイトマップ送信数と一緒に表示されるインデックス数であり、もう1つが<Google インデックス>に表示される<インデックス ステータス>だ。
    双方のデータに表示されるインデックス数の相違をYahoo seo Googleブログの事例で説明しよう。

    /アーカイブ:2014年12月
  • サイトマップの処理とseoの関係
    前回記事「クローラーとサイトマップの関係」をエントリー後、ウェブマスターツールからサイトマップを再送信した。
    するとYahoo seo Googleブログのサイトマップが無事に処理された。
    サイトマップの保留から実に21日振りの処理完了である。

    /アーカイブ:2014年10月
  • クローラーとサイトマップの関係
    Yahoo seo Googleブログのサイトマップがウェブマスターツールで「保留」となって今日で21日目である。
    この間、保留中だからこそ理解出来る何かがあるのではないか?と思い、検証を進めていた。
    各種のデータは更新によって以前と異なるデータを表示させている。

    /アーカイブ:2014年10月
  • サイトマップが保留になって生じること
    ウェブマスターツールに登録したYahoo seo Googleブログのサイトマップが保留状態になっている。
    こうなったのは「Fetch as Googleの使い方に注意」の記事を書き、サイトマップを再送信した2014年9月17日である。
    当初は当ブログ固有の問題に因って生じたのかと思っていたが、「FC2ブログ サイトマップ 保留」でアクセスするユーザーが多くなったので、FC2ブログ全般に起こっているのかもしれないと思っている。
    サイトマップが保留になって生じることを報告しよう。

    /アーカイブ:2014年09月
  • Fetch as Googleの使い方に注意
    Yahoo seo Googleブログの<内部リンク>データが更新されていることを今朝のウェブマスターツールで確認した。
    私としては期待通りの更新内容だったので、これで確かな手応えを感じた。
    それを受けて、Fetch as Googleの使い方に注意喚起しておこう。

    /アーカイブ:2014年09月
  • ウェブマスターツールでseoの問題を発見できない原因
    Googleウェブマスターツールに登録してもseoの問題を見つけ出せない場合が多い。
    その原因は、ウェブマスターツールで提供されるデータは現在の状況だけをデータ化している訳では無く、過去のデータをも使用しているからだ。
    Yahoo seo Googleブログの事例で説明しよう。

    /アーカイブ:2014年09月
  • ウェブマスターツールに登録するとペナルティ回避出来るのか?
    Yahoo seo Googleブログが巻き込まれている問題はパンダアップデートである。
    その為ペンギンアップデートに関しては具体例を以って検証する機会は皆無に近い。
    しかし最近の検索結果を見ると、手動や自動のペナルティが吹き荒れている様である。
    Googleウェブマスターツールに登録するとペナルティ回避出来るのか?

    /アーカイブ:2014年09月
  • ウェブマスターツールのテキスト関連データ
    Googleウェブマスターツールの<内部リンク>が更新され無くなって久しい。
    seo、つまり最適化の進行指標としていただけに、このデータ未更新は少々私を苛立たせる。
    だが<構造化データ>は日々更新され、その他のデータについてはデータ間での連動は継続されている。
    Yahoo seo Googleブログの各種データから、今分かることだけ紹介しよう。

    /アーカイブ:2014年07月
  • アップデートか新規のアルゴリズムか?
    前回の記事「データとランキングは連動している」でも触れたが、今現在もYahoo seo Googleブログの<内部リンク>データの更新は確認出来ない。
    その反面、<構造化データ>だけは日々更新されている。
    マット・カッツ氏が長期の休暇に入り報告されていないが、これは既存のアルゴリズムがアップデートされたか、もしくは新規のアルゴリズムが導入されたのではなかろうか?

    /アーカイブ:2014年07月
  • データとランキングは連動している
    Googleウェブマスターツールのデータはランキングと連動している。
    何故、今その順位なのかをウェブマスターに教える為に連動しているのだ。
    Yahoo seo Googleブログの事例からそれを説明しよう。

    /アーカイブ:2014年07月
  • wwwとnon-wwwの両方を登録しよう!
    Googleパンダアップデートからの脱却を目的とした修正に伴い、Yahoo seo Googleブログのランキングは上向きになりつつある。
    だがFC2の仕様に伴う最適化を必要とする為、修正に時間が掛っている。
    単純にFetch as Googleで送信出来る上限が限られているからである。

    /アーカイブ:2014年07月
  • 内部リンクに表示されるまでの推移
    Yahoo seo Googleブログの<内部リンク>データについてはウェブマスターツールで更新が確認された都度、Twitterで報告している。
    だがその詳細まではツイートしたことが無いので報告しよう。

    /アーカイブ:2014年04月
  • アカウント毎に発生するウェブマスターツールの不具合
    最近、Googleウェブマスターツールの不具合が続出している。
    Twitterで報告した通り、Fetch as GoogleでURLを送信しようとすると「リクエストが拒否されました。理由:????????????????????????????????????????????????????????????????」と表示され未送信で終わるのだ。
    文字化けでは理由すら分からない。
    Yahoo seo Googleブログの最適化は一向に捗らない。

    /アーカイブ:2014年02月
  • Fetch as Googleの不具合解消と技術の瑕疵
    Fetch as Googleの不具合が解消された。
    一旦停止せざるを得なかったYahoo seo Googleブログの最適化(seo)作業を開始した。
    とんだ足止めを食らった1ヶ月であったと同時に、その技術の瑕疵に不安を覚えた。

    /アーカイブ:2014年02月
  • Fetch as Googleの不具合と共有のリンク
    Twitterでも報告しているが、GoogleウェブマスターツールのFetch as Googleに不具合が生じている。
    以前なら“URL”と“URL とすべてのリンクページ”を選択してインデックス送信出来ていたものが、現在は“URL”を選択することが出来ない。
    最適化(seo)に対する重要な施策中に生じたこの不具合にイライラ感が募っている。

    /アーカイブ:2014年01月
  • 2014年のseoはURL削除ツールで決まる
    年末年始も継続してGoogleウェブマスターツールのデータ チェックは怠らず行っていた。
    この間で顕著だったことはURL削除ツールで削除したYahoo seo GoogleブログのURLが軒並み“期限切れ”を迎えたことだろう。
    最適化(seo)の過程で避けては通れないものながら、“期限切れ”の影響は思った程大きくなかったのが意外であった。

    /アーカイブ:2014年01月
  • URL削除ツールとインデックスの関係
    Google検索エンジンへの最適化(seo)過程において、不可避な事の1つが情報に惑わされることだろう。
    先日、Googleウェブマスター公式ブログにおいて「自分が所有していないサイトのコンテンツの URL 削除プロセスを改善しました」なる記事がエントリーされた。
    違和感を覚えた箇所がある。

    /アーカイブ:2013年12月
  • パンダアップデートの解消はデータ解析によって可能である
    先日、久し振りにGoogleのキーワード検索結果に大きな変動があった。
    パンダアップデートの更新に因るものだろう。
    更に検索エンジン最適化(seo)の指標として、ウェブマスターツールにスマートフォン用の<クロール エラー>データが実装されたことも大いに関係していることだろう。

    /アーカイブ:2013年12月
  • クロールエラーを修正済にしてもリストから削除されない
    Googleウェブマスターツールにスマートフォン用の<クロール エラー>が実装されたが、現段階では期待外れも甚だしい。
    <クロール エラー>の表示に対し「修正済」としても、毎日同じエラー表示が繰り返される。
    スマートフォン用のGooglebot-Mobileは休業中なのだろうか?
    seoやらアルゴリズムよりGoogleの真意こそ余程、謎である。

    /アーカイブ:2013年12月
  • 加工されたデータこそseoの指標である
    seoとはウェブサイト其々にとって異なるものになる。
    何故なら全てのサイトはコンテンツも異なれば提供しているサービスも異なるからだ。
    Googleウェブマスターツールのデータとはその意味においてseoの指針を示すものでは有り得ない。

    /アーカイブ:2013年12月
  • Googlebotが取得するデータ
    Googleに最適化(seo)する際、最も必要なツールはウェブマスターツールである。
    そしてウェブマスターツールは、Googlebotが取得したデータがウェブサイトの概要を相応しく理解しているのかを判断する為のツールである点を再認識して欲しい。
    GoogleのseoとはGooglebotを適切に処理し、正しくデータに反映させることなのである。

    /アーカイブ:2013年11月
  • パンダ対策にはFetch as Googleが必須
    パンダアップデートからリカバリーする為にはGoogleウェブマスターツールに登録しなければならない。
    パンダ対策にはFetch as Googleが必須だからである。

    /アーカイブ:2013年10月
  • データの差異がseoを教える
    Yahoo seo Googleメルマガの配信が現状に追い付かない。
    次期ペンギンアップデートの準備なのだろうが、Googleウェブマスターツールのデータに大きな変化が見て取れる。
    更新されるデータの差異はseoを教えてくれるが、それを1回のメルマガ配信では書き切れず、持ち越しとなるケースがあるからだ。

    /アーカイブ:2013年05月
  • クロール エラー更新の日付とペンギンアップデートの準備
    Googleウェブマスターツール<クロール エラー>のデータが2013年5月8日朝、更新されている事に気付いた。
    4月25日迄はルーティーンに更新されていながら、その後更新は途絶え、何時しか更新の最終日が23日に逆戻りしつつ5月8日に更新され、次の日も5月8日の日付で更新された。
    これは何を意味するのだろうか?
    Google seoに関連があるのだろうか?

    /アーカイブ:2013年05月
  • ウェブマスターツールの「クロール エラー」とseo
    Googleウェブマスターツール<クロール エラー>のデータが更新されなくなって暫く経つ。
    具体的には<URL エラー>のデータであり、<サイト エラー>は更新されている。
    記録上では2013年4月25日のデータ更新を最後に<URL エラー>は更新されていない。
    seoと重複の問題で、このデータ更新を重要なヒントとしていたので甚だ不満である。

    /アーカイブ:2013年05月
  • ウェブマスターツールとパンダアップデート
    Yahoo seo Googleブログの重複は未だ解消されていない。
    だが、デスクトップ版とフィーチャーフォン版の重複サイトは一定の解決方法に従い解消されつつある。
    解消されない、解消されつつあることが理解出来るのはウェブマスターツールに登録しているからである。
    パンダアップデートが引き起こしたことはパンダアップデート本来の目的とは異なる。
    seoを難しくしているのは何を隠そうGoogleによって、である。

    /アーカイブ:2013年03月
  • ウェブマスターツールが教えてくれるseoの問題
    Yahoo seo Googleメルマガは週1回の配信である。
    並行してブログも最低で週1回は更新して行こうと思う。
    更新することでしか検証出来ないseoの問題があるからだ。

    /アーカイブ:2013年02月
  • ウェブマスターツールとseo
    Yahoo seo Googleブログは勿論のこと、私が管理するサイトは全てGoogleウェブマスターツールに登録している。
    先日報告された不具合も昨日解消され、トップページへのリンクも表示される様になった。
    Googleが保持するサイトのデータとseoの関係性を付け合わせることが可能となった。

    /アーカイブ:2013年02月
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google