> Googleパンダアップデートとseo

Googleパンダアップデートとseo カテゴリの記事一覧

Yahoo seo Google Googleパンダアップデートとseo カテゴリの記事一覧です。記事名とエントリーされたアーカイブ年月日を表示しています。

  • パンダのグレーゾーンとseoの新しい問題
    Googleよりパンダアップデートの更新が報告され、グレーゾーンのサイトを助ける目的の更新であることが告げられた。
    だがこれに伴い新たなseoの問題も浮上した様だ。
    検索ランキングに使用されるシグナルがホワイトのサイトをグレーに変えてしまったからだ。

    /アーカイブ:2013年07月
  • seoにおける曖昧さとパンダアップデート
    Googlebotという名のロボットに対し、曖昧な判断は禁物である。
    seoにおいてオンラインの自動化が進む中、曖昧な判断がパンダアップデートによる重複の原因となるからである。

    /アーカイブ:2013年07月
  • seoにおける新規リンクの重要性
    前回記事「seoの問題はグーグルに任せておけない」でこう書いた。
    「もしかしたら“com”ドメインのblog-entry-44.htmlと“net”ドメインのblog-entry-44.htmlの間で新たな重複が発生する可能性もあるが、あったとしても一時的なものになるだろうと予測している。」と。
    Yahoo seo Googleブログの“com”と“net”間での重複件数が増えたのである。

    /アーカイブ:2013年04月
  • seoの問題はグーグルに任せておけない
    Yahoo seo Googleブログでは新規記事をエントリーした際、必ずGoogleウェブマスターツールのFetch as Googleを利用してURLを送信している。
    Pingも送信してGoogleに更新も伝えてはいるが、念を入れての措置である。
    seoの問題はグーグルに任せておけないケースがあるからだ。

    /アーカイブ:2013年04月
  • パンダアップデート重複解消のseo実験
    昨日の記事「パンダアップデートの問題はseoでは解決できない?」で“com”と“net”の重複が3件に減ったことを報告したが、今日見たら4件に増えていた。
    パンダアップデートの厄介な点は、重複が増えることである。
    Google seoアルゴリズムが関与して重複が増えるのでは無く、Googleのロボット クローラーの特性故の問題だ。
    Yahoo seo Googleブログの抱える問題は解消出来るのだろうか?

    /アーカイブ:2013年04月
  • パンダアップデートの問題はseoでは解決できない?
    久し振りにブログを更新する。
    出来れば更新は控えたかったというのが私の本音であるが。
    Yahoo seo Googleブログを更新しなければならなかった理由は伏せておこう。
    では何を語ろうか?
    先日の変動について語るとしようか?

    /アーカイブ:2013年04月
  • seo成就とNot ModifiedのHTTPステータスコード
    Googleパンダアップデートの解消には時間が掛る。
    その最大の原因はGoogleからの情報不足であるが、Googlebotのクロールも大きく関与している。
    Googleにおける最適化(seo)とは、クローラーを迎え入れる準備如何によって成就迄の時間が決まる。

    /アーカイブ:2013年04月
  • seoとFC2ブログの問題
    Yahoo seo Googleメルマガ第3号を書き終えた。
    2013年1月28日の月曜日に配信される。
    サイトマップの最適化と題し、Google seoとサイトマップの関係性について書いた。

    /アーカイブ:2013年01月
  • パンダアップデートの更新と故意のミスマッチ
    パンダアップデート更新に伴うGoogleの変動があった模様だ。
    この更新で意図せずランクダウンしたサイトもあるだろう。
    Yahoo seo Googleブログで前回記事にした通り、アルゴリズム以上に難しいのがGoogle検索エンジンへの最適化(seo)である。

    /アーカイブ:2013年01月
  • データの齟齬とseoの方向性
    ウェブマスターツールを確認したら<内部リンク>データが更新されていた。
    Yahoo seo Googleブログの<内部リンク>データで、トップページへのリンク数が203から201ページに減少していたが、リンクの重要度は25番目から9番目に上がった。
    「seo」キーワード検索のランキングは10件表示で21ページに後退した。

    /アーカイブ:2013年01月
  • フィーチャーフォン版へのGooglebotアクセス禁止サイトの今
    書いた以上、その顛末は報告すべきだろうと言う責務を感じて記事にする。
    「重複を敢えて起こすGooglebotへのseoテクニック」で報じた件の続報である。
    Googleパンダアップデートによる重複と言う名のseo問題でお困りの方には、その後の推移こそ気になることだと思うからだ。

    /アーカイブ:2013年01月
  • タイトル タグの重複とseoランキングの変動
    今朝、Googleウェブマスターツールに目を通すと、Yahoo seo Googleブログの<内部リンク>データが更新されていた。
    データの更新は逐一Twitterで報告していたが、その更新とキーワード検索結果におけるランキング変動については報告していなかった。
    データの更新はseoの進展度を測る物差しである。

    /アーカイブ:2013年01月
  • 重複を敢えて起こすGooglebotへのseoテクニック
    年は改まれど、Googleウェブマスターツールのデータは昨年からの継続で更新される。
    seoはデータをウオッチし続けることで理解出来るものだ。
    Yahoo!=Google化した現在において、Google seoの情報はテクニックに尽きる。
    それは上位表示させる為のものでは無く、あくまでもウェブマスターの意図を正確にGoogleに伝えるテクニックである。

    /アーカイブ:2013年01月
  • パンダアップデート更新と重複アゲイン
    結局、先日のGoogle変動はパンダアップデートの更新で決着した模様である。
    だがその後、コンサルティング先のウェブマスターから連絡を貰い、またもや重複アゲインとなり、Googleの挙動に嘆息しきりである。
    Googleの暴君振りはYahoo!も同調せざるを得ないから、荒れに荒れた2012年の年末である。

    /アーカイブ:2012年12月
  • seoアルゴリズムの更新ではないなら、何?
    先日の変動をGoogleは「seoアルゴリズムの更新では無い」と発表した。
    Yahoo!=Google化した日本において、この変動は大きな影響を与えたことだろう。
    seoアルゴリズムの更新では無いのなら何だったのか?
    キーワード検索結果から受けた印象から、今回の変動を推測してみた。

    /アーカイブ:2012年12月
  • ウェブマスターツールに隠されたseoデータ
    晴練雨読さんの「Yahoo!とGoogleの検索順位変動の異常値ウォッチャの記録」において異常値が報告された。
    これにより大幅に順位がランクダウンしたサイトが、もしかしたら有るかも知れない。
    だがこの変動で急ぎ自サイトのペナルティを疑う必要は無いだろう。
    Googleウェブマスターツールで知り得た事実から、Google seoアルゴリズムによるデータの処理にこそ問題がある様な気がするからだ。

    /アーカイブ:2012年12月
  • seoされているサイトの手動ペナルティ
    コンサルティングしているウェブマスターから久し振りにメールを貰った。
    リンク否認ツールを使用し、漸くペナルティが解除されたそうである。
    Googleから届いたメール内容も教えて頂いたが、それは手動ペナルティであった。
    Google seoアルゴリズムでは自動的にペナルティを科せなかったから手動でペナルティであったのだろうか?

    /アーカイブ:2012年11月
  • seoにおける正しいリダイレクト方法
    サッカーにおけるロングボールとは、身近なパスを繋いでボールを運ぶことを省略し後方から一気に前線にボールを送ることである。
    seoにおけるロングボールとはリダイレクトだと言えるだろう。
    Google seoアルゴリズムにおいて、このリダイレクトは100%成功させなければならない。

    /アーカイブ:2012年11月
  • seoにおける正しいリンク方法
    Google seoアルゴリズムはリンクを主体とするアルゴリズムであることは疑い様が無い事実である。
    その為にもリンクは正確に、かつ、確実にLink(繋げる)することが重要である。
    seoにおける正しいリンク方法についてエントリーする。

    /アーカイブ:2012年11月
  • seoの問題を遠ざけるrobots.txtによるブロック
    Google検索エンジンへの最適化(seo)を目的に施した修正が結果として反映されるのには時間が掛る。
    多分それはGoogleウェブマスターツールを通じて不自然なリンクがあることを通知されたウェブマスターが、修正して再審査をリクエストしても、1つでも疑わしきリンクが残っていれば応じて貰えないことと同様である。

    /アーカイブ:2012年11月
  • seoにおける2つのクローラーの特異性
    Google seoアルゴリズムはロボット クローラーが収集するデータに因っても大きく作用されるのであろう。
    以前記事にした「seoの為にcanonicalは先頭に書いた方が良い!」に関連するのだが、“canonical”の無視がまたしても起こった。
    GooglebotとGooglebot_mobileの2種類のクローラーには異なる特性があり、それが原因なのであろうか?

    /アーカイブ:2012年11月
  • seoにおけるURL削除の重要性
    Googleパンダアップデートが更新されたそうである。
    この更新を境にデスクトップ版とフィーチャーフォン版の重複コンテンツ問題を抱えたサイトの順位はアップした。
    更新以前の修正が反映されたことが原因だと思われる。

    /アーカイブ:2012年11月
  • seoの為にcanonicalは先頭に書いた方が良い!
    Googleに怒りを募らせるのは、説明通りに最適化(seo)しているにも関わらず、それを反映させないことがあるからだ。
    デスクトップ版サイトとフィーチャーフォン版サイトの重複で、どうすべきかをGoogleは提示した。
    その通りに修正しても一向に結果に反映させないばかりか、一度は解消された問題を再度起こすのだ。

    /アーカイブ:2012年10月
  • 重複コンテンツでseoスコアは流れない
    Yahoo seo Googleブログの記事「seoにおける発リンクと被リンク」で触れたが、重複コンテンツの問題を発生させているとリンクジュースは円滑に流れない。
    いや円滑どころか、その部分で堰き止められてしまうと言った方が正確であろう。
    リンクジュースが堰き止められた日付は、どうやら7月上旬の様である。
    Google seoアルゴリズムにパンダアップデートが導入された7月18日と符合する。

    /アーカイブ:2012年10月
  • seoとウェブマスターツールのデータ
    Googleには複数のクローラーが存在する。
    クローラーが担う働きは各々異なり、当然ながらseo(検索エンジン最適化)には全種類のクローラーが全てのウェブページをクロールし尽しインデックスが改まった時に完了する。
    大規模なサイト程、時間は掛る。
    何もしなければ数種のクローラーが訪れるのに時間が掛るからである。

    /アーカイブ:2012年08月
  • ドメインとURLのseo
    パンダアップデートの重複コンテンツの件で、重複が解消しランキングが回復しつつあるサイトの事例からGoogle seoアルゴリズムについて理解出来たことを再度エントリーしようと思う。
    前回は単位としてのサブフォルダに触れたが、今回はURLについて書こうと思う。
    実に基礎的なレギュレーションの確認に過ぎないかも知れないが、その認識不足がGoogle seo上の問題となっているケースが多々ある。
    それによりスパムでは無いものをスパムと誤解し、困惑するウェブマスターがいるのが事実である。

    /アーカイブ:2012年08月
  • TDPに見えるseoアルゴリズム
    Googleパンダアップデートによる重複コンテンツの問題で順位下落したサイトが回復しつつある。
    その過程で生じていたのはTDP(トップページダウンペナルティ)である。
    以前存在したYahoo! TDPと同様のアルゴリズムがそこには存在する。
    GoogleのTDPと、そう見えさせるseoアルゴリズムについてエントリーする。

    /アーカイブ:2012年08月
  • パンダアップデートとseo順位
    Yahoo!=Google化した検索エンジンで変動があった。
    Googleがパンダアップデートなる新しいアルゴリズムを導入したと言う。
    このパンダアップデートについては、とんだ誤解していたようだ。
    ワードサラダの様なテキストスパムに対応するものかと思っていた。

    /アーカイブ:2012年07月
  • Vary: User-Agentのレスポンス出力が優先課題である
    Googleのキーワード検索におけるランキングとはGoogleの価値観が反映されたものであると以前書いた。
    その傾向はより顕著になり、スマートフォンの台頭と共にレスポンシブwebデザインを推奨するGoogleの価値観がアルゴリズムにも反映されている。
    一言で言えば、デスクトップPCでもスマートフォンでもアクセスできるウェブサイトが好評価を受けている。
    そのseoアルゴリズムで損失を被るのは、レスポンシブwebデザインを採用出来ず、また、Googleからの適切な説明を受けずにいたウェブマスターであろう。

    /アーカイブ:2012年07月
  • seoとGooglebot
    2008年3月25日、Yahoo Google seoという当初のタイトルでブログを開始した。
    早いもので既に開始して4年を経過した。
    Googleがウェブスパムに関するペンギンアップデートを導入し、他のseoブログも本来のseoに関する記事が増えて来たことは喜ばしいことだ。
    だが本当に欲しいseo情報は中々見付からない。
    最適化の過程で、その都度欲しいタイムリーな情報は共有されないからだろう。

    /アーカイブ:2012年06月
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google