> rel=”canonical”とseo

Yahoo seo Google rel=”canonical”とseo カテゴリの記事一覧

Yahoo seo Google rel=”canonical”とseo カテゴリの記事一覧です。記事名とエントリーされたアーカイブ年月日を表示しています。

  • “canonical”ではリンクを正規化(seo)することは出来ない
    Yahoo seo Google記事URLに対するSearch Console<内部リンク>のバックリンクから“canonical”タグを検証した。
    見えて来たのは“canonical”による一元化であるが、この一元化はリンクに及んでいない。
    リンクを正規化(seo)することは出来ないのである。

    /アーカイブ:2017年04月
  • インデックスに関係する301リダイレクトと“canonical”の記述
    Yahoo seo Googleの<インデックス ステータス>数値が以前の状態に戻った。
    これはFetch as Googleによる送信と301リダイレクトの認証、更にそれに伴って旧フィーチャーフォン用URLの“noindex”が処理された後にリコンストラクションが起こった為だと考えている。
    つまり“noindex”以前に記述されていた“canonical”に因って正規のPC用URLがインデックスされていた可能性が高いのである。

    /アーカイブ:2017年04月
  • “canonical”は同一コンテンツにおいてのみ用途を成す
    Googleにおいて“canonical”タグは、同一のコンテンツにおいてのみ用途を成す。
    その為、別コンテンツの正規化を目的に“canonical”を使用するのはseo的に間違えである。

    /アーカイブ:2016年11月
  • “canonical”タグはヒントに過ぎない
    Yahoo seo Googleブログの過去記事をFetch as Googleで送信した結果から再認識させられたのが“canonical”タグである。
    “canonical”タグはあくまでもヒントに過ぎず、インデックスを左右する強制力は持っていない。
    それはリンクにも影響を及ぼす事なのである。

    /アーカイブ:2016年11月
  • 保留されていた“canonical”タグのデータ処理が開始された?
    Yahoo seo Googleブログの<URL パラメータ>データから、保留されていた“canonical”タグのデータ処理が開始がされた様に思われる。
    そして<構造化データ>からは、“canonical”タグに記述されたURLからインデックスされただろう事例も想像された。

    /アーカイブ:2016年08月
  • canonicalタグとnoindexタグ併記の弊害
    Search Consoleに登録したYahoo seo Googleブログの<内部リンク>データが本日10月7日に更新された。
    更新された内容とウェブ上に表示される状況から、canonicalタグとnoindexタグ併記の弊害が推察される。
    seo上、大きな問題があると言わざるを得ない。

    /アーカイブ:2015年10月
  • canonicalタグとnoindexタグは一緒に書かない方が良い?
    Yahoo seo Googleの前回記事で、Googleのインデックスに関する“構造”の問題に触れたが、インデックスに関わるタグとしてcanonicalタグとnoindexタグがあり、この2つのタグを同一のウェブページに記述することは止めたほうが良いだろうと結論した。
    海外サイトであるが、Googleのジョン・ミューラー氏がこの件について明確に回答しているからだ。

    /アーカイブ:2015年10月
  • カノニカルの誤用
    Googleに最適化(seo)する上で目下の最大の難敵がパンダアップデートである。
    そして重複を解消する目的でrel="canonical"を使用すること自体は間違えではない。
    だがカノニカルが無視されているとウェブマスターが感じる状況は如何にして起こるか?
    Yahoo seo Googleブログで犯してしまったカノニカルの誤用事例を紹介しよう。

    /アーカイブ:2013年11月
  • www non-wwwの問題とrel=”canonical”
    本家Weather Reportは未だ報告されていない。
    何気にYahoo! Search BlogにアクセスしてWeather Reportのカテゴリ記事を探ったのだが、そこに気になるコメントを発見した。
    www non-wwwの問題とrel=”canonical”について検証してみた。

    /アーカイブ:2009年02月
  • rel=”canonical”による変動はseoの本質なのか?
    先日、Sphinn Japanを運営するSearch FOXの代表より、Sphinn Japan Blogのブログエディタへ参加のお誘いを頂いた。
    当Yahoo seo Googleブログがseoを生業としている方々に評価を受け、参加を打診されたことは光栄に思う。
    だが「月に1本程度の寄稿」が果たして出来るだろうか?と真剣に考えてしまった。
    seoについて何か語るべきものが残されているのだろうか?
    最近のrel=”canonical”による変動について語ることはseoの本質なのだろうか?

    /アーカイブ:2009年02月
  • Yahoo! seo対策 rel=”canonical”による変動あり
    rel=”canonical”で、URLの正規化が出来るという嬉しいニュースが飛び込んできたのはつい先日の事。
    早速私もrel=”canonical”を記述して2月15日に商用サイトのトップページを更新した。
    その結果、先日のYahoo! JAPANのキーワード検索結果に反映され、rel=”canonical”による変動が確認出来た。
    順位を1つ下げたのである。

    /アーカイブ:2009年02月
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google