> seoスパム

Yahoo seo Google seoスパム カテゴリの記事一覧

Yahoo seo Google seoスパム カテゴリの記事一覧です。記事名とエントリーされたアーカイブ年月日を表示しています。

  • 手動ペナルティがランキングに影響しないケース
    Yahoo seo Googleブログは自動ペナルティを科さられており、それは手動ペナルティよりも遥かに重い。
    手動ペナルティを科せられてもランキングに影響が出ないケースから、自動と手動ペナルティを検証してみた。
    /アーカイブ:2016年05月
  • 発リンクのペナルティとネガティブseo回避のパンダアップデート
    Googleの発リンクに関するペナルティが話題である。
    発リンクに関してはYahoo seo Googleブログでも何度も記事にして来たが、今回はネガティブseo回避を目的のパンダアップデートの視点から語ってみよう。
    /アーカイブ:2016年04月
  • ペンギンアップデートによるペナルティ、リンクの塩漬けとは?
    Yahoo seo Googleブログはパンダアップデートもしくはペンギンアップデートによるペナルティ状態にある。
    そして最大のペナルティがリンクの塩漬けであり、これによって引き起こされる状態を説明しよう。
    /アーカイブ:2016年04月
  • リンク売買とネガティブseoは精査できない
    前回記事「ピジョンアップデートと内部リンクの未更新」を書いた日、Googleウェブマスターツールの<内部リンク>データが更新された。
    前回更新を確認したのが7月13日だから15日振りの更新である。
    この更新でYahoo seo Googleブログのランキングは少しだけ落ちた。
    だがピジョンアップデートによるランクダウンでは無い。
    /アーカイブ:2014年08月
  • 不自然なリンクと“現実的”という関係
    先日、日本の被リンク販売業者が一斉にGoogleよりペナルティを科されたという情報があった。
    Googleにおけるランキング アップには被リンクが必要だと言われ、それは今も基本的に正しいと思われている。
    そこでTwitterとPageRankを基に、被リンクとseoスパムについて考察してみた。
    /アーカイブ:2014年04月
  • 手動対策ビューアと2度目の手動ペナルティ
    以前、Googleに手動ペナルティを科されたウェブサイトがあった。
    Yahoo seo Googleブログでも何度か報告したサイトである。
    Googleウェブマスターツールに手動対策ビューアが実装され、そのサイトに再度、手動ペナルティを告げる表示がされた。
    /アーカイブ:2013年08月
  • リダイレクトと事故的マイナスseo
    Yahoo!=Google化した現在、seoに関する記事には一通り目を通し、ヒントなりを得ようと思っている。
    その中で最近ではSEMアドバイザーの揺さBrain!さんの記事がダントツであった。
    301リダイレクトと、それに伴う事故的マイナスseoについてエントリーする。
    /アーカイブ:2013年08月
  • 逆seoは可能である
    Googleにペンギンアップデートやらパンダアップデートが導入されて「さすがGoogle!」という驚嘆の声は上がったか?
    実際はその逆であり、逆の結果を齎せた原因は最適化(seo)に生じる綻びに対しGoogleから十分な説明がなされていないことだ。
    綻びとはセキュリティの脆弱性であり、そこを突くウィルスと同様に逆seoは可能となる。
    /アーカイブ:2013年08月
  • 自虐seo
    自虐seoとは自らが良かれと思って施策した結果がマイナスに作用することを意味する。
    ランキングが向上しないというウェブサイトは内部が脆弱で、その上に自虐seoを施している事例が大多数である。
    /アーカイブ:2013年06月
  • seoとスパムは紙一重
    Googleがどんなに優れた検索エンジンだろうと、それに匹敵する程優れたウェブサイトばかりがネットに存在している訳では無い。
    どんな映像形式であれ、いとも簡単に投稿が可能であるのがYouTube最大の魅力であるとしたら、優れた検索エンジンの定義とは何だろうか?
    それこそGoogleとの相性如何に関わらず、キーワードに最も適したウェブページを検索結果で提示することだろう。
    /アーカイブ:2013年06月
  • 手動と自動のseo
    Yahoo seo Googleメルマガ最新号でも触れたが、Googleによる“手動”ペナルティについてブログでも触れておこう。
    コンサルティングしているサイトでは“手動”ペナルティを受けたサイトは1つのみだが、その事例を以って理解出来ることは多々ある。
    “自動”と“手動”を正しく理解することが大事だろう。
    /アーカイブ:2013年03月
  • 手動ペナルティを受けたサイトのseo的復活
    昨日迄に1ヶ月分の配信様メルマガを準備した。
    私が今迄Yahoo seo Googleブログを更新してきたのはブログを利用してのseo検証が主であったが、それと共に、書くことで論理的一貫性があるのかを量る意味合いもあった。
    その発表の場がメルマガに変わっただけの事である。
    /アーカイブ:2013年01月
  • seoスパムが消える日
    Googleがアルゴリズムがどう修正しようと、イタチゴッコの様にスパム的手法はその都度生み出されてきた模様だ。
    seoスパムをリスペクトする方達がどういう方法を用いているのか、センスも知識も、またスパムに対する意欲も無い私には皆目理解出来ない。
    だがseoスパムが消える日は来るのであろうか?
    私は来ると思っている。
    /アーカイブ:2012年03月
  • seoスパムをリスペクトすること
    seoスパムをリスペクトすることとは、Google seoアルゴリズムを軽視することと言えるだろう。
    それはウェブサイトのストロングポイントを蔑にすることであり、自滅することとも言い換えられるだろう。
    スパムで上位表示出来る時代は既に過去のものであるのに…。
    /アーカイブ:2012年03月
  • seoスパム、リンクファームと自演リンク
    Google seoアルゴリズムに因りランキングが下降したウェブサイトを調査していた。
    似た様な手法で上位表示に成功していて、同時期にランクダウンした他のサイトを発見出来ていない為、断定的な物言いは出来ない。
    以前のYahoo! seoアルゴリズムに存在した発リンクによる影響はなさそうである。
    リンクファームに因るseoスパムがランキングダウンの原因だろうか?
    /アーカイブ:2012年02月
  • 手動ペナルティとseo
    Google seoアルゴリズムに修正が加えられて以降、seo(検索エンジン最適化)関連の情報が少なくなった様な気がする。
    世の中のseo情報は“スパム”と“非スパム”の境界線を探るものが大半であったからだろうか?
    Yahoo!=Google化の恩恵の1つこそ、検索における“責任”の問題だろうか?
    /アーカイブ:2011年02月
  • グーグルのフッターリンク評価に変化あり
    「Yahoo seo Google」検索で行う定点観測は毎日欠かせない。
    定点観測するのは当然ながらGoogle.comにおいて、である。
    Yahoo! JAPANのキーワード検索結果はGoogle.comがデータ元であり、そこにYahoo!のフィルターが導入されて現在の検索結果がある。
    どうやらGoogleはフッターリンクの評価を改めた様だ。
    /アーカイブ:2011年01月
  • スパム報告をしたサイトのその後
    前回記事「有料リンクは推定無罪か?」をエントリーした後、Googleに有料リンクを報告をした。
    YSTが無くなった後、こうしたseoスパム報告は頻繁になるであろう。
    興味を覚えたので、過去にseoスパム報告をしたウェブサイトがその後どうなったのか調査してみた。
    /アーカイブ:2010年12月
  • 有料リンクは推定無罪か?
    かつてのYahoo! seoアルゴリズムはスパムに厳しいアルゴリズムであったし、それはYahoo! JAPANがそうであったからだ。
    その会社としての姿勢は今も変わっておらず、虫眼鏡seo業者のウェブサイトをインデックスから削除するという事例が実証している。
    それがあってか、Google ウェブマスター向け公式ブログにて有料リンクに関する記事がエントリーされた。
    だが皮肉にも、ある定点観測キーワードにおいて有料リンクと思しき被リンクにより急上昇しているサイトを発見した。
    /アーカイブ:2010年12月
  • スパム対策強化のリスク
    昨日、Yahoo!で大変動があったことを晴練雨読さんのサイトで知った。
    だがYahoo!の大変動よりも私の興味を惹きつけた情報は、海外seo情報ブログさんの記事「Googleマット・カッツ、スパム対策を強化する(日本でも)」である。;
    これを読めば、今後はより強固に、日本におけるスパム撲滅に動き出す様である。
    seo、つまり検索エンジン最適化という言葉がより正しい意味合いで使用される様になるのだろうか?
    /アーカイブ:2010年11月
  • 相互リンクとイントレランス
    困った輩が多いと嘆く他ない。
    以前であれば私も行っていた事ながら、それがどれ程無駄でマイナスのseo効果しか齎さないかを知り尽くしてからは、相互リンクを依頼してくるメールは唾棄すべきものとなった。
    まだスパムメールの方が感情を乱さることは無い。
    Yahoo! seo対策にとって相互リンクはイントレランスな行いであると知るべきである。
    /アーカイブ:2010年02月
  • リダイレクトのフィルター
    ここ最近Yahoo!のseoに関する質問で最も多いのがリダイレクトに関するものである。
    実は本日の定点観測で私の商用サイトが姿を消した。
    大騒ぎをする前にmooterで調査し、その順位が変わっていないのを確認し、先ずは一安心。
    そしてYahoo! JAPANのリダイレクト フィルターについて考えざるを得ない状況になった。
    /アーカイブ:2009年06月
  • 中古ドメインからのリンク売買、Yahoo!に見破られる!
    以前、中古ドメインに関する記事で報告したライバルサイトが順位を下げた。
    中古ドメインからのリンク売買をYahoo!に見破られたのだろう。
    具体的にはキーワード検索で5位だった位置から17位へランクダウンだ。
    お金で買ったリンクがいとも容易く無価値になる。
    僅か2週間の栄光に支払った代金は如何程か?
    /アーカイブ:2008年12月
  • 中古ドメインからのリンク売買
    今回のYahoo! JAPAN大変動に伴い、大きく順位を上げてきたライバルサイトがあったので調査してみた。
    そのウェブサイトのバックリンクを調べてみると、奇妙なドメインからのバックリンクがある。
    そこでバックリンク先を調べてみると、これが中古ドメインだったという訳です。
    seoスパムの定番、中古ドメインからのリンク売買である。
    /アーカイブ:2008年12月
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google