> Yahoo seo 2008年4月~

Yahoo seo Google Yahoo seo 2008年4月~ カテゴリの記事一覧

Yahoo seo Google Yahoo seo 2008年4月~ カテゴリの記事一覧です。記事名とエントリーされたアーカイブ年月日を表示しています。

  • Yahoo! Japanのseo対策 302リダイレクトはURL統一が目的か?
    Yahoo! Search BlogでWeather Reportが報告された。
    読むと2008年12月と今年2009年1月にもインデックスの更新は行われた様である。
    AltaVistaを継続して観察していたので、インデックスの更新自体には気付いていたが…。
    /アーカイブ:2009年03月
  • Yahoo!がseo対策していた!301リダイレクトに注意せよ!
    301リダイレクトについて調査を継続していた。
    すると以前であればwww.yahoo.co.jpでもwwwなしのyahoo.co.jpでも表示されていたYahoo! JAPANがリダイレクトされる。
    yahoo.co.jpとwwwを抜いたURLでアクセスすると、www.yahoo.co.jp/index.htmlにリダイレクトされる。
    それも301リダイレクトではなく、302でリダイレクトされるのだ!
    /アーカイブ:2009年02月
  • 変わるアルゴリズムと変わらないアルゴリズム
    Yahoo! Google双方共に、変わるアルゴリズムと変わらないアルゴリズムが存在する。
    変わるアルゴリズムに暗躍するのがseo業者であり、それを受けて検索エンジンは再度アルゴリズムを書き変える。
    我々ウェブマスターは変わらないアルゴリズムにだけ固執すれば良いのである。
    /アーカイブ:2009年02月
  • 被リンクとサイト カニバリゼーション
    前回記事から継続して、Yahoo!のseo対策に重要なポイントとなる被リンクについて考えてみよう。
    人間的な意図等を一切排除して、あくまでもロボットの視点で考察することが大事だ。
    キーワード カニバリゼーションという言葉があるが、仮に被リンクにサイト カニバリゼーションなる現象が生じていたらロボットは適切に処理出来るのだろうか?
    /アーカイブ:2009年02月
  • <yahoo google seo link> Yahoo!で1位
    この記事は既に削除した<Yahoo Google seo link>と題した相互リンク集がYahoo! JAPAN検索で1位表示されていることを報告したものだ。
    既に相互リンク集は削除したが、Yahoo!のseo上、重要な報告をしているので削除せず公開している。
    /アーカイブ:2009年01月
  • Google、猛スピードでインデックス
    この記事では既に削除した<Yahoo Google seo Link>と題したリンク集がGoogleにより猛スピードでインデックスされていった経緯を報告した。
    だがYahoo!やGoogleのインデックスに至る過程について触れた記事なので、削除せず公開してある。
    /アーカイブ:2009年01月
  • リンクスパムと情報スパム
    Yahoo!の変動が続く中、どうやら被リンクのseoスコアを改めた事が理解出来た。
    かつて中古ドメインのリンク売買で報告したライバルサイトがランキングを大きく上げたからである。
    リンクスパムと情報スパムと題して、今回のYahoo! seoアルゴリズムを報告する。
    /アーカイブ:2009年01月
  • Yahoo!のNGワードはsearch
    Yahoo! JAPANのフィルターについて報告する。
    どうやらYahoo!のNGワードはsearchであり、具体的にはYahoo!のキーワード検索結果にハイパーリンクを設置することが駄目な様だ。
    アンカーテキストにsearchが含まれるからだろうか?
    Googleとは大いに異なる点の1つだろう。
    /アーカイブ:2009年01月
  • 「退場 アダルト」1位表示の謎を追え!
    Googleで「退場 アダルト」と検索すると、当Yahoo seo Googleブログの「相互リンクとリンク元の関連性」の記事が1位に表示されることは既に述べた。
    では、何故こうも高順位で表示されるのか、その謎を追ってみたい。
    Googleのアルゴリズムに一歩迫る為に。
    /アーカイブ:2009年01月
  • Yahoo! JAPANの土台はYSTではない!
    seoアルゴリズムを研究していて身に沁みて感じることは、「常識を疑え!」と言うことである。
    今日発見した非常識とは、Yahoo! JAPANの土台はYSTではない!
    ランキング決定のアルゴリズムの土台はAltaVistaではないのか?という疑問である。
    /アーカイブ:2008年12月
  • ウェブページ構造とseo
    seo的なある確信が、次の確信を生む。
    つまり、あるプロセスを経るとウェブページの理想形が見えて来る。
    それはどの様なウェブページで、その理想系からテキストの記述すべき箇所が理解出来てくる。
    ウェブページの構造とseoについて紹介したい。
    /アーカイブ:2008年12月
  • Yahoo!はアルゴリズムを更新などしていない
    2008年12月上旬に発生したYahoo!の大変動について、アルゴリズムをUpdateしたとアナウンスがあったが、私の理解に従えば、これはアルゴリズムの更新などでは無い!
    Yahoo!はアルゴリズムなど更新していないという結論に達する。
    /アーカイブ:2008年12月
  • 被リンクと発リンクの関係性
    Yahoo!のseoアルゴリズムを理解する上で、最もウェブマスターを惑わせる要素こそ被リンクと発リンクの関係性ではないだろうか?
    関連する外部ドメインから被リンクを受けると効果があることは理解出来ても、その効果はサイト内のウェブページ間のリンクにおいても同様の関係性を与える点が理解出来ないのだろう。
    被リンクと発リンクの関係性について分かり易く説明してみよう。
    /アーカイブ:2008年12月
  • Yahoo!アルゴリズム 最適化の方法
    サイトの修正に伴い、とある順位が変動している。
    それは自サイト ドメイン内で「depth:4」のコマンド検索をした時に表示されるページの順位だ。
    Yahoo!のseoアルゴリズムに準拠してサイトを最適化する方法を伝授しよう。
    /アーカイブ:2008年11月
  • Inktomi・AltaVista・AllTheWeb三位一体の変動
    Yahoo!のseoアルゴリズムに関して、ある疑念を抱いている。
    それはアルゴリズムの相対性に関する疑念であり、YSTの成立に大きく関わっているInktomi、AltaVista、All The Webの各検索エンジンが収集したデータが1つに集約され、三位一体の変動となって姿を現すと言うものである。
    /アーカイブ:2008年11月
  • 相互リンクとリンクファームとトップページダウンペナルティ
    Yahoo!やGoogleといった検索エンジンは我々ウェブマスターが平面的にウェブを眺めるのとは異なり、俯瞰でウェブを眺める。
    だからこそ俯瞰で眺められた時に相互リンクによるリンクファームは容易に察知され、また俯瞰からの視点でトップページダウンペナルティを考察しないから、間違ったseoアルゴリズムに対する認識を抱くのである。
    /アーカイブ:2008年11月
  • Yahoo!アルゴリズムの相対性理論
    Yahoo!アルゴリズムの相対性理論として、カテゴリ登録した際にYahoo!のサーファーから付与されるタイトルとサイト概要のテキストが、実際のウェブサイトに及ぼす影響について検証した。
    絶対的な影響を与えない程度で、登録サイトにseoスコアを振り分けていることが理解出来る。
    /アーカイブ:2008年11月
  • 脱seo
    Yahoo!のseoアルゴリズムについて、ある確かな感触を得ている。
    それは意外なアルゴリズムなのかと問われれば、極めて自然体の、かつ、言われてみれば当たり前のアルゴリズムである。
    人が思うseoからすれば逆の、脱seoとも言い換えられるだろう。
    /アーカイブ:2008年11月
  • Yahoo!カテゴリ登録サイトの優位を302リダイレクトで検証する
    「まるで分からない」「実に興味深い」
    seoについて考察する時、あまりの不可解さに頭に血が上る時がある。
    分からなくて当たり前なのに、分からないことが許せないのである。
    自意識過剰なことは素直に認めるが、TVドラマ『ガリレオ』よろしく、冒頭の台詞を口にすることで自然と肩の力が抜けてくる。
    /アーカイブ:2008年10月
  • Yahoo!のサブページアップペナルティ
    TDP(トップページダウンペナルティ)に拘って検証していた為か、seoに対し森を見ずして木ばかり見ていたことに気付いた。
    本来の目的は商用サイトのキーワード検索で上位表示されることなのに、現状では複合検索の結果では上位表示される様になったが、主要キーワードでの順位は振るわない。
    自嘲すればYahoo!のサブページアップペナルティに陥っている様なものだ。
    /アーカイブ:2008年10月
  • Yahoo!のseoアルゴリズムをAltaVistaに発見する!
    先日の記事「Yahoo!の変動とdepth:4コマンド検索のSERPsの変化」で報じたドメインとアルゴリズムの関係において、ビックリする様な発見をした。
    それはAltaVistaで「キーワード depth:4」のコマンド検索をした時、Yahoo! JAPANとの関係性を如実に感じさせる発見をした。
    Yahoo!のseoアルゴリズムをAltaVistaに発見したのだ。
    /アーカイブ:2008年09月
  • Yahoo!のバックリンクとインデックスの原理
    Yahoo! seoアルゴリズムの検証報告である。
    商用サイトに新たなウェブページを追加したのだが、そのページのインデックスに至る過程を調査していると、どうやらYahoo! JAPANのバックリンクにはAll The WebとAltaVistaが利用されており、インデックスに至る原理にも利用されている模様である。
    /アーカイブ:2008年06月
  • Yahoo! のアルゴリズム調査報告
    ここ数日の調査で、Yahoo!のseoアルゴリズムについて分かったことを報告したい。
    Yahoo! JAPAN検索はYSTとは異なる独自のアルゴリズムを用意しており、それは外部要因より内部要因を重視するものであることが再確認出来た。
    /アーカイブ:2008年06月
  • 勘違いのdepthコマンド解釈
    とんだ勘違いをしていたようだ。
    先日の記事「Yahoo!のオーソリティ サイトと内部seo」で説明した「title:キーワード depth:4」コマンド検索に対する私の検証内容に関することだ。
    depthコマンド解釈を勘違いしていた。
    /アーカイブ:2008年05月
  • Yahoo!のオーソリティ サイトと内部seo
    今回はYahoo!の特殊コマンド検索を用いてYahoo!のオーソリティ サイトを探ってみた。
    オーソリティ サイトとはドメインの質が高いと評価されたサイトであり、その調査結果から、カテゴリ登録サイトの優位性も顕著になった。
    カテゴリ登録のリンクは内部seoに対し作用している模様である。
    /アーカイブ:2008年05月
  • 灯台下暗しのseo対策
    Yahoo! JAPANで商用サイトの順位が上がった。
    14位から13位へ。
    僅か1つのランクアップではあるが、「これがマイナス要因ではないか?」と検証した上で修正し、その結果アップしたのだから、喜びは大きい。
    本日、トップページに施したseo(検索エンジン最適化)を全ページで行った。
    どの様に順位に跳ね返るか?が興味の的だ。
    /アーカイブ:2008年05月
  • 続・Yahoo!のアルゴリズム推考
    続・Yahoo!のアルゴリズム推考と題して、ここ数日、Yahoo!のアルゴリズムについて検証していた結果を報告する。
    米YSTはInktomi、All The Web、AltaVistaを買収して作られた複合型検索エンジンであるが、日本語検索においてはInktomiが大きな比重を占めている様である。
    /アーカイブ:2008年05月
  • seoアルゴリズム ヤマト運輸
    seoアルゴリズムの検証を継続している。
    前回は「y」と「g」で検索した際の検証報告をしたが、今回もそれに関連してヤマト運輸のドメイン内検索で検証した結果を報告しよう。
    ほんの少しだがYahoo!とGoogleの相違を感じることが出来た。
    /アーカイブ:2008年04月
  • yとgで検索してみる
    Yahoo! JAPANにおいて、誰の目にも明らかに分かる形で変動が確認された。
    アップデート後には必ずその検索結果に対する調整が施される筈なので、今は静観の時である。
    今回は前回記事と関連して、yとgで検索してみた検証報告をする。
    /アーカイブ:2008年04月
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google